荒井商店 荒井隆宏のペルー料理

個数:1
紙書籍版価格
¥2,750
  • 電子書籍

荒井商店 荒井隆宏のペルー料理

  • 著者名:荒井隆宏【著】
  • 価格 ¥2,750(本体¥2,500)
  • 柴田書店(2020/04発売)
  • ポイント 25pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784388061983

ファイル: /

内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

ペルーが南米きってのグルメ国だって、知っていますか?

“世界の食材の半分の故郷”ともいわれるアンデス、寒流と暖流が出会う海、アマゾンのジャングル…豊かな自然と食材を土台に、地元食文化と欧州やアフリカアジアからの移民文化が溶け合って発達したのが、ペルー料理です。絶妙な「文化融合」から生まれた料理はとてもバラエティ豊か。また、素朴な味わいの中にもどこか洗練があります。

魅力のアンデス食材、欧州の影響を受けたクリオージャ料理、話題の海鮮料理セビーチェ、…さまざまな「顔」をもったペルー料理。その代表的な皿のかずかずを紹介します。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

sawa

15
★★★☆☆ 材料を揃えるのが大変そうなので、自分では作らないだろうけど、ペルー料理って全く知らなかったので面白かった。唐辛子、玉ねぎ、レモン、じゃがいも、とうもろこしを多用。(図)2015/01/27

へへろ~本舗

3
全然味の見当がつかない。でも、第一にトウガラシ、次にコリアンダー、そして玉ねぎ・ニンニク・レモンをつかう頻度が多いことは分かった。2014/10/11

Jan Tommy

1
見て楽しい本。表紙にもなってるサヨリのマリネが美味しそう。 作るのは…材料が本式でなかなか難しいかも。2015/04/05

バーベナ

1
前作と同じく、荒井さんのペールへの想いと滞在した時の話などが、かなり挿入されていて読み応え有り。料理本ではあるけれど、ペルーのことをもっと知りたくなる、実際に料理を食べに行きたくなる本。昔、ペルーから働きに来ていた人に、家庭料理をごちそうになったことを思い出した。確かにレモン、多用していました。美味しかったな。2014/10/13

チョビ

1
作るのは難しいけど、食べてみたい!行ってみたいな、と思わせていただけました。2014/10/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8227666
  • ご注意事項