HJ文庫<br> ワーウルフになった俺は意思疎通ができないと思われている 1

個数:1
紙書籍版価格 ¥680
  • Kinoppy
  • Reader

HJ文庫
ワーウルフになった俺は意思疎通ができないと思われている 1

  • ISBN:9784798622071

ファイル: /

内容説明

ある日、目覚めたら異世界でワーウルフに転生していた竜之介。しかもワーウルフは人間はおろか他の魔物とも意思疎通ができない種族だった! 超ハードモードな状況に戸惑う竜之介だが――「……わたしと一緒に、テイムロイヤル、出てほしい」テイマーを目指す美しいお嬢様・エフデを救ったことで、彼女のパートナーとして生活することに! しかしこのお嬢様、名家出身のはずが貧乏でバイト三昧と、何やら訳ありのご様子……!? 言葉はなくても心でつながる異世界ワーウルフ転生譚、開幕!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

芳樹

37
初読みの作者さん。言葉のセンスが独特で、比喩の表現法が面白いかな。中2の竜之介は突然「ワーウルフ」として異世界へ転生。それも他者の発言は理解できるが、言葉を話せないため意思疎通がままならない状態で。途方に暮れる中、人外種テイマーの美少女エフデと出会い、テイムロイヤルという大会に出るのだが…。今回は世界観や人物の紹介というところでしょうか。エフデとのやり取りが微笑ましい。多くの謎を残したまま終わるので、現時点ではこの物語がどこへ向かうかはっきりしません。でもだからこそ、次巻の内容が気になってしまうかな。2020/04/25

星野流人

30
比嘉智康さんおよそ2年半ぶり、4レーベル目での新作。異世界転生したらワーウルフになっていた主人公がパートナーとなる人間の女の子と出会う物語。異世界の世界観も楽しめますし、絆の物語としても胸に響くものがあっておもしろかったです。異世界転生ならではの特殊技能の発揮も、意思疎通ができないと思われているマイナス要素と合わさっていい具合のバランス感覚で楽しむことができました。1冊使ってエフデさんとの絆を描いたので、次巻以降でパリピやエミーナミーナがどう物語に絡んでくるのかが楽しみです。2020/05/06

わたー

16
★★★☆☆あとがきが哀愁を誘う。面白い作品はどんどん推していくから、そんな哀しいこと言わないで欲しい。閑話休題。著者の新作は、人語を介せないワーウルフに転生した主人公と、そのテイマーとなった少女の物語。著者のファンタジーは初めて読んだのだが、例え言葉が通じずとも、自分の窮地を救ってくれた少女のために陰ながら頑張る主人公の姿は、これまでと何一つ変わっていないので安心して読めた。反面、ストーリー展開は軸がブレてまとまりを欠いていたように感じたのが残念かな。2020/05/10

よちたか

14
随分久しぶりな気がしたけど、3年振りか。ついに流行りの異世界転生ファンタジーに手を出したかと思いつつも、随所に作者らしさを感じた。特に転生前の女の子2人とのエピソード辺りは、すごくこの作者っぽいし、この作者にしか書けないと思う。相変わらずのスロースターらしく、この巻だけだと盛り上がりは微妙だったが、先に行く程面白くなる作家だし、是非続きを読みたい。ギャルゴやろーどぐらすのように途中で物語の色をガラッと変えてみせるあのインパクトを我々読者も待っているので…あとがきが毎回切ないけど、頑張れ比嘉!負けるな比嘉!2020/05/05

サキイカスルメ

12
主役二人は単体でもセットでも可愛いという。異世界でワーウルフという人に言葉が通じない種族になってしまっていたキズナと、貧乏お嬢様エフデのお話。可愛いが溢れてましたね。ところどころに出てくる現世でのヤンデレ・暴走女子や、エフデに絡んでくる変態男たちというコメディ要素も面白かったです。キズナとエフデ、二人の言葉は通じなくても相手を想い合ってるのが素晴らしく尊かったです。エフデが、本当に優しい子で好きだなぁ。2020/05/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15688507

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。