1冊でわかるポケット教養シリーズ 数字と科学から読む音楽

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,210
  • Kinoppy

1冊でわかるポケット教養シリーズ 数字と科学から読む音楽


ファイル: /

内容説明

古来より科学者にとって、音階や音律の研究は宇宙の真理を探求することでした。
古代ギリシャの数学者ピュタゴラスは音程や音階の理論を発明し、ドイツの科学者ヨハネス・ケプラーは、惑星の軌道を天文学と音楽理論によって解明しようとしました。
また、ドイツの数学者で博物学者のアタナシウス・キルヒャーは、順列と組み合わせの関係から音階のパターンを導き出そうとしました。 ちなみにキルヒャーは、音楽を「ムジカ・ナトゥラーリス(自然の音楽)」と「ムジカ・アルティフィカーリス(人工の音楽)」に分類したり、「世界の創造の神秘」を表現する楽器を構想したりしています。
つまり、古来より「音楽は数からできている」と考えられていたのです。
本書は、科学と音楽を横断的に読み解き、音階・音律論から物理学、哲学などを通じて宇宙の真理に迫っていきます。
音楽と科学の密接で刺激的な関係を知れば、音楽や科学への向き合い方もきっと変わってくるはずです。

〇バッハの曲に隠された「数の秘密」とは?
〇森羅万象に通じた博物学者であり作曲家キルヒャーの思想とは?
〇ドビュッシーやベートーヴェンは、黄金比を意識して作曲していたのか?
〇日本人の美の規範は「黄金比」ではなく「白銀比」にある?
〇音階を突き詰めると「宇宙の裂け目」に行き当たる?

目次

[目次]
アインシュタインとヴァイオリン
◆第1部 音と数の秘密
 第1章 音楽と聖数
 第2章 順列・組み合わせと音楽
 第3章 黄金分割と音楽

◆第2部 天体と音楽
 第1章 天体のハルモニア
 第2章 天体の音楽
 第3章 天王星の発見者

◆第3部 平均律と純正律
 第1章 ピュタゴラス音律と純正律とは――神の2つの摂理
 第2章 バッハと平均律
 第3章 標準ピッチと絶対音感
 第4章 科学か音楽か