文春e-book<br> 幸福の科学との訣別 私の父は大川隆法だった

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,540
  • Kinoppy
  • Reader

文春e-book
幸福の科学との訣別 私の父は大川隆法だった

  • 著者名:宏洋【著】
  • 価格 ¥1,400(本体¥1,273)
  • 文藝春秋(2020/03発売)
  • ポイント 12pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

リビングで“神様”は言った。「バカ波動を出すな!」

〈小学校に入る前から、幸福の科学の教義を教えられました。父や母から直接レクチャーを受けることはほとんどなく、教団の職員が家庭教師についていました。
そして「世の中の一般的な考えは、基本的に間違っている。齟齬があった場合は、我々が正しい。世の中の人が言うことを信じてはいけない」と常々言い聞かされました。(中略)
教祖であり神様である人の家に生まれるということが、どんなに奇妙か。この本では、実際に私が経験した日常を綴っていきたいと思います。〉(本文より)

監視カメラつきの勉強部屋、秘書の体罰、防弾ガラスつきの車、中学受験に失敗して後継者失格に。教祖の長男として生まれながら外界に生きる道を選んだ青年がすべてを告白した。

目次
まえがき
第一章 私だけが知っている教団の内実
――霊言、カネ、政治活動、学校経営
第二章 大川家で生まれ育つということ
第三章 大川家の人々と両親の離婚
第四章 脱会の真相
これから――あとがきにかえて

著者紹介
宏洋(ひろし)
俳優、映画監督。1989年2月、宗教法人「幸福の科学」創始者兼総裁・大川隆法の長男として生まれる。青山学院大学法学部卒。2018年9月に教団を離れて以降は、教団の実態をYouTubeなどで発信。監督・主演・脚本を務める任侠アクションコメディ映画『グレー・ゾーン』が2020年下半期に公開予定。