集英社文庫<br> 今日もうまい酒を飲んだ ~とあるバーマンの泡盛修業~

個数:1
紙書籍版価格 ¥704
  • Kinoppy
  • Reader

集英社文庫
今日もうまい酒を飲んだ ~とあるバーマンの泡盛修業~

  • 著者名:広小路尚祈【著】
  • 価格 ¥649(本体¥590)
  • 集英社(2020/03発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784087440737

ファイル: /

内容説明

「最高の泡盛を教えて下さい」バーマン阿部のもとに、常連客から難題が舞い込んだ。沖縄出身の祖父の長寿のお祝い「カジマヤー」に贈る泡盛を探しているという。阿部はさっそく沖縄にある酒造所へ飛ぶ。そこには芳醇で奥深く、そして何より飛び切りうまい泡盛の世界が広がっていた! 数多の候補の中から、阿部が選んだ究極の泡盛とその飲み方とは? 読めば必ず飲みたくなる大人の「読むツマミ」。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

たっぱマシュマロン

11
沖縄に行く前に読んでしまうつもりだったのに、残念。帯にある通り「読めば泡盛が飲みたくなる」まさにその通り!名護でもう少しゆっくりお酒飲みたかったなぁ。そして食べられなかったアグー豚のしゃぶしゃぶを食べているのがうらやましかった。絶対また行くぞ〜。沖縄気分を高めてくれるのに最高!2020/03/02

ナオ

3
思わず泡盛買って、飲みながら読みました。2020/03/19

Akira Fujiu

2
うまい酒を追求する旅行っていいのよ・・・こればっかりは何回やってもいい2020/11/15

ドメニコ

2
東京のバーマンが、泡盛を探す4泊5日の旅へ出るお話。沖縄の南から北まで、泡盛を造っている酒造、観光地を回り、うまいお酒とご飯を楽しみます。 ゆったりとした沖縄の風を感じながら、旅にでた気持ちになれました。 これを読んでから、ヘリオス酒造の『くら』を飲みはじめた私。すっきりして、美味しい。 沖縄に行って、泡盛を舐めたくなるお話でした。2020/05/29

ワイ

2
主人公の酒に対する愛着が伝わってくる。 作中に出てきた泡盛を飲んでみたくなってくる。2020/03/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15015799

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。