文蔵 2020.3

個数:1
紙書籍版価格 ¥770
  • Kinoppy
  • Reader

文蔵 2020.3

  • 著者名:「文蔵」編集部
  • 価格 ¥660(本体¥600)
  • PHP研究所(2020/02発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784569769363

ファイル: /

内容説明

【ブックガイド】歌舞伎、能から、文楽、舞踊、落語まで 日本の「伝統芸能」に小説で触れる……大矢博子 ●知らざあ言って聞かせやしょう~歌舞伎 ●この世の名残り、夜も名残り~文楽・能・狂言 ●朧月夜やほととぎす~舞踊・音楽 ●おあとがよろしいようで~落語 【待望の新連載!】近藤史恵 おはようおかえり1 大阪の和菓子屋で育った姉妹と母、祖母の三代の女性たちを巡る物語。 【連載小説】●朝井まかて 朝星夜星6 丈吉が病に倒れた。ゆきと、丈吉の妹よしは、店を守るために必死に働く。 ●坂井希久子 涙雨(後編) 雨の日は、一回休み6 ソープランドで倒れてしまった佐渡島を、病院で見守ってくれた女性とは。 ●あさのあつこ おいち不思議がたり 旅立ち篇7 おいちが十斗とともに、女人のための医学塾を開く明乃を訪ねると……。 ●西條奈加 六つの村を越えて髭をなびかせる者11 蝦夷地への夢を捨てきれない徳内を、津軽の地で温かく迎える人たちがいた。 ●宮部みゆき 冥土の花嫁 その六 きたきた捕物帖18 いわい屋のおかみが命を落とす。みかり様のバチなのか、それとも──。 【連作読切小説】乾くるみ カラット探偵事務所の事件簿Season3 File16 前妻が盗んだもの 離婚した元妻がこっそり家に入った形跡があると、依頼人は話し出す。