人間臨終考

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,650
  • Kinoppy
  • Reader

人間臨終考

  • 著者名:森達也【著】
  • 価格 ¥1,485(本体¥1,350)
  • 小学館(2020/02発売)
  • ポイント 13pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784093884372

ファイル: /

内容説明

歴史人物の死に際に見る日本現代論。

石川五右衛門の釜ゆではなぜ見世物にされたのか
ガガーリンが若くして飛行機事故で死んだ理由とは
ラスプーチンが用いたであろう詐欺師の常套手段とは
キュリー夫人が福島第一原発の事故を知ったら?

――歴史人物の死に際から、それを取り巻く社会を、ノンフィクション作家・森達也が痛烈に風刺。死刑、付和雷同の国民性、想像力なき善意…硬直する日本社会にズバッと斬り込む新感覚日本現代論。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

山田太郎

48
アンドレくらいしか興味ある人おらず、頭山満もなんだったんで、あんまり熱心には読まなかったので、感想書くにもなんだな。もうすこし面白くなりそうというか山田風太郎のとか関川夏央のやつみたいなの期待して読んだので、少し違った。2016/12/19

たまきら

18
おお、こりゃまたつきぬけた臨終考ですこと。この著者の独特の語り口がさらに次元を歪ませています。大川隆法氏なみ。個人的には江青をしんみり読みました。大川氏の著作同様正誤は測りかねますが、くみ取れるものは自分次第という点は一緒かな?面白かったです。2015/11/11

Gemi

14
歴史上の人物18人の死に際にパロディを交えて語る日本現代論。初読みの著者だったがなかなか面白く読了。考え方が分かり易くて読み易く、映像的な作品だった。知らない人もたくさん登場。ナチスのホロコースト立案と遂行の立役者アイヒマン、毛沢東の4番目の妻として文化大革命を主導した江青、右翼の源流と称される頭山満、など歴史の勉強にもなった。「死の商人」と言われたノーベル、あとはブッダや親鸞、弁慶、、キュリー夫人、五右衛門、ラスプーチン、最後は飯島和夫(戦闘員)。どの話も創作で楽しいけど、ちょっと歪んだ知識かな。2015/11/28

あられ

9
森版偉人伝。誰もが一度は死ぬことがよくわかる。森さんの妄想あり、諷刺あり、ユーモアもあり、楽しめた。割合されてしまったエンゲルスも読みたいなぁ。人物のイラスト、特徴をよくつかんでいて、内容を引き立てている。と書きつつ、知らない人物もいるのだけれど。(笑)。。。おもしろかったです。2015/12/17

今庄和恵@神戸元町コネクトロン

5
BLってよくわからなかったのですが、その道の達人からいかにシチュエーションのバリエーションを豊富にするか、という妄想力が勝負の土俵だ、みたいなことを言われてすごい納得しました。それと同じように(同じなのか?)妄想力を駆使すればなんでもできるのだ、やっていいのだ、と思わされました。2015/12/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9891820

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。