新潮選書<br> 宮沢賢治 デクノボーの叡知(新潮選書)

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,760
  • Kinoppy
  • Reader

新潮選書
宮沢賢治 デクノボーの叡知(新潮選書)

  • 著者名:今福龍太【著】
  • 価格 ¥1,760(本体¥1,600)
  • 新潮社(2020/03発売)
  • ポイント 16pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784106038464

ファイル: /

内容説明

〈土偶坊(デクノボー) ワレワレ カウイフ モノニナリタイ〉――殆どの作品を「未完」の状態で残した宮沢賢治。その手稿が示す揺らぎと可能性を丹念に追うことで、賢治世界=イーハトーブのまったく新しい姿が見えてきた。石、宇宙、火山、動物、風等に込められた創造原理を解き明かし、いまを生きる私たちの倫理を問う、画期的批評。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Koichiro Minematsu

50
好んで読む宮沢賢治ですが、本著であらためて全集を読んでみたくなりました。本著は「宮沢賢治、心象スケッチ研究書」と思います。ソローが、ダーウィンが、ルイス・キャロルが、つながっていく。そして、ファンタジー(幻想=幽霊)の行き先につどりつくには、銀河鉄道に乗るしかありません。文化人類学者の筆者だからこその力書だと感じます。2020/02/11

ポカホンタス

7
賢治の作品を縦横に引用しながら、海について、動物について、風について、石について、デクノボーについて論じられる。ベンヤミン、アガンペン、オクタビオ・パス、などが参照され、文化人類学的な視座から、賢治を世界の中の賢治としてトランスカルチュアルに読み解いていく手際が鮮やかでいろいろと刺激をいただいた。先日開催された宮沢賢治学会主催の冬季セミナーでの講演も聞けたのでよかった。2019/12/22

Sherlock Holmis

5
生涯岩手の地に根差しつつ、該博な知識と感性で独自の文学世界を打ち立てた宮沢賢治という人物の底知れなさ、物凄さに今更ながら驚嘆したが、本書の眼目はそこに無い。想像力さえあればどこへでも飛んでいける(読めば分かるが本当にどこへでも)、ということに気付かされ、今自分が見ている世界の枠組みそのものを考えさせられる豊かな読書になった。二〇二〇年五月のタイミングで読めたことは幸運だった。2020/05/16

まおまお

5
初めて宮沢賢治の批評本を読んで、分かっていなかったことを知ることが出来て良かった。今福氏の解釈法によるところもあるのかもしれないけど、時が進むにつれ置き去りにされて来たであろう人間のなかのコスモスのつかみ方が示唆されていたように思うし、それによって気持ちが潤った。オクタビオ・パスの詩人が詩を書く時の目の開け方の紹介のくだりも素晴らしかった。読めてよかった。2019/12/09

1367

2
賢治作品は難解だ(ついでにこの本も難解だ)。この本は日本文学研究者ではない方(文化人類学者)が書かれているのだが、作者の広範な知識に驚かされる。多分、宮澤賢治作品は単なる文学ではない。自然科学、宗教、絵画…いろいろな要素が散りばめられている。賢治を理解するためには高い教養が必要なのだ。新幹線もインターネットもない時代に、岩手から最新の世界情勢を見ていた賢治の想い、孤独、絶望、理想をもっと知りたいと思った。下書きと出版本の違いについての考察が素晴らしい。作者を理解しないと作品も理解できないのかも知れない。2020/12/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14366123

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。