競争力が持続する戦略 技術、イノベーション、知財、そして会計

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,640
  • Kinoppy
  • Reader

競争力が持続する戦略 技術、イノベーション、知財、そして会計

  • 著者名:安彦元【著】
  • 価格 ¥2,640(本体¥2,400)
  • 日経BP(2020/02発売)
  • ポイント 24pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

AIやIoTなどの先進技術がビジネスを動かす時代。優れた技術を持っていれば投資を受けることができ、さらなる技術開発や、優秀な人材を集められます。先進技術と、それを使いこなす技術者は、企業の未来を大きく左右する存在になるのです。

 しかし、優れた技術があり、優秀な技術者がいれば、必ず成長企業になれるわけではありません。技術があっても経営がダメなら倒産。当たり前のことですが、技術があるのにもったいないと思うのです。

 技術を経営に生かすという点では「技術経営」が注目されています。知財戦略やイノベーション戦略などを指しますが、本書の著者は「それだけではうまくいかない」といいます。経営戦略である以上、「会計」の知識やスキルが欠かせません。さらに、「技術経営」と「会計」を専門家やコンサルタントに丸投げするのではなく、少なくともそのコアな部分は経営者が自ら理解し、自ら意思決定すべきです。これが、著者の主張であり、そのために必要な要点を本書にて解説しています。

 著者は弁理士であり、これまで多くの企業で知財やイノベーションのコンサルティングを手掛けてきました。そこで感じたことは、「優秀な技術を持つ企業は多いのに、そこから先で失敗する企業が少なくない」ということ。これが、本書を書いた動機であるといいます。最も企業の詳細を理解している経営者が、競争戦略の中枢となる「技術経営」と「会計」を理解し、「技術経営」から「会計」までを一気通貫でマネジメントしていくことで、真に競争に勝つための経営が可能となります。本書の存在意義はそこにあるのです。

目次

第1章 成長企業の条件
1-1 成長企業を支えるもの
1-2 成長企業の勝ちパターン
1-3 本書の構成

第2章 技術経営に必要な会計知識
2-1 会計データを活用した科学的な経営」へ
2-2 投資とリターン
2-3 P/L と B/S
2-4 利益構造をマネジメントする上で重要な「管理会計」
2-5 「将来費用」を投資することで競争優位性につなげる ほか

第3章 技術経営戦略
3-1 強い技術経営戦略を創り出す
3-2 3つの経営階層
3-3 第3章のまとめ

第4章 イノベーション経営
4-1 イノベーションにつながる機会
4-2 提供価値につながる必要技術の絞り込み
4-3 資源獲得マネジメント(自社開発か、外部調達か)
4-4 RC専行型市場創造モデル
4-5 技術と市場の不確実性
4-6 第4章のまとめ

第5章 知財経営
5-1 知財戦略の必要性
5-2 オープン&クローズ戦略
5-3 知財戦略フェーズにおいて実行すべき特許情報分析
5-4 特許ポートフォリオの構築戦略
5-5 経営の不確実性と知財戦略
5-6 第5章のまとめ

第6章 「技術経営」と「会計」で企業価値の増大へ
6-1 「技術経営」と「会計」で利益を作り出す
6-2 知財をベースに投資を引き込む
6-3 いいとこ取りの「技術経営」