「幸せ」をつかむ戦略

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,760
  • Kinoppy
  • Reader

「幸せ」をつかむ戦略

  • ISBN:9784296105649

ファイル: /

内容説明

世界的ベストセラー『予想どおりに不合理(PREDICTABLY IRRATIONAL)』でおなじみ、
行動経済学の権威であるダン・アリエリー(デューク大学教授)が語った、前代未聞の衝撃的幸福論!

本当の幸せはお金や地位ではなく、自分の意思で自由に振る舞えることにあるのではーー。
日本を代表するマーケティングのプロ・富永朋信は壮大な問いの答えを求めてカナダ・トロントまで飛び、ダン・アリエリーのもとへ。
消費から夫婦関係、子育て、従業員のモチベーションに至るまで、「幸せ」に関する8つの質問に対し、ダンが語った驚くべき回答とは?

・なぜアマゾンが超便利なのに、「本屋に行きたくなる」のか?
・「パートナーとの関係」が年々悪くなるのはなぜ?
・初めて付き合った相手と「結婚」した人と、10人と付き合った末に結婚した人はどっちが幸せ?
・「子育ての辛さ」を軽減し、喜びや幸せをより実感できる方法は?
・消費者や従業員に「愛される企業」になるには?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

はるき

22
 元々論の展開が軽やかな上、対談形式なので更に読みやすい。「幸せ」という漠然として掴みどころのないテーマですが、真理をついた洞察が沢山ありました。2020/10/04

shikada

21
行動経済学の専門家であるアリエリー氏が、人間のどんな行動が幸福につながるか、を語る一冊。「amazonで本を買うより、書店で本を買ったほうが満足度が高くなるのはなぜか?」「パートナーと長く一緒にいるとネガティブな感情が増すのはなぜか?」「アーティストが着た服を高額で買う人の心理は?」などといった身近なテーマを扱い、研究成果をもとに平易な言葉で説明する。キーワードの一つは「自己決定感(オートノミー)」。2万人に対する調査から、所得や学歴よりも、自己決定感が人の幸福に影響を与えることが分かっている。2020/07/16

はふ

14
行動経済学という学問をご存知か。従来の経済学では、人間を常に合理的な判断をする「経済人」という概念を用いて捉えてきた。しかし、そこに異議を申し立てたのが行動経済学だ。人は合理的な判断をしようするも、不合理な結果になってしまうものと捉え直した。 本書は、その行動経済学の権威であるダン・アリエリーと、ダンが好きなおじさんの対話から、行動経済学から考察した幸せについて論じる本である。 行動経済学は人の幸せに、直結に関係する学問だと思う。本書をきっかけに行動経済学をかじってみては如何だろう。2020/07/21

復活!! あくびちゃん!

5
エッセイとして読む分には読みやすくスラスラ読めるのだが、その様に読むと全く頭に残らない。ダン・アリエリーが深い話しをしようとしているのに、著者が少しピントの外れた具体的な話しをしてしまい、うまくかみ合っていない感じになっている。また、この本を読むのであれば、後半のアリエリーの講義部分を読んでから、前半の対談を読んだ方が分かりやすいと思うのだが。内容そのものよりも、本や翻訳としての出来がよくないというモヤモヤが残った読後感でした。2021/05/13

hiyu

5
ダン・アリエリーとの対談集ということになるだろうか。平易な文章でもあり、行動経済学的視点も非常に理解しやすい。一方でもう少し突っ込んだ内容でも良かったかなとも感じる。2021/03/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15103410

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。