「つい自分を後回しにしてしまう」が変わる本―――自分を優先できるようになると毎日 - が輝きだす

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,430
  • Kinoppy
  • Reader

「つい自分を後回しにしてしまう」が変わる本―――自分を優先できるようになると毎日 - が輝きだす

  • 著者名:積田美也子【著者】
  • 価格 ¥1,430(本体¥1,300)
  • あさ出版(2020/02発売)
  • ポイント 13pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

・自分の意見が言えない…
・相手が不機嫌になったらイヤだ…
・私ばっかり損している気がする…
・これで丸く収まるなら…
・自分のことをする時間がない…

あなたは、人を優先して
つい自分を後回しにしていませんか?

人を優先して自分を後回しにしてしまうのは、
「思考の癖」が原因です。

・自分の「思考の癖」を知る
・ブラックなキャラを登場させる
・1日1個の「自分ファースト」を実行する
・「愛のメガネ」をかける
 etc.
自分を優先できるようになるためのワークを多数紹介!


延べ3,500人のクライアントの人生を変えた心理カウンセラーが、
自分らしく人生を生きることができるようになる考え方とワークを
7つのステップで紹介します。

自分を優先するのは、決してワガママなんかではありません!

●7つのステップ
ステップ1 今の自分を見つめる
ステップ2 過去の親との関係を振り返る
ステップ3 自分の価値を認める
ステップ4 自分を優先するために心を整える
ステップ5 自分軸で人と付き合う
ステップ6 うまくいかないときの対策
ステップ7 幸せになることを許す


■目次

プロローグ

●ステップ1 今の自分を見つめる
人を優先してしまうときの自分を振り返る
ケース1 断れなくて、頼まれるままやってしまう
ケース2 場の調和を乱したくないので、黙っている
ケース3 遠慮して、自分の希望を言えない
ケース4 人のために頑張りすぎて、自分のことは後回し
ケース5 人に頼ったり、甘えたりするのが苦手
ケース6 「自分を後回しにするのはよいことだ」と信じている
意識を「外」から自分に戻す
自分を優先できるようになるためのワーク1

●ステップ2 過去の親との関係を振り返る
自分を優先しなくなったのは、いつ頃からですか?
親との関係は、どのようなものでしたか?
ケース1 お母さんに、甘えることができなかった
ケース2 喜ばせたかったのに、かえってひどい結果になった
ケース3 親を困らせたくなくて、いい子にしていた
ケース4 両親の仲が悪く、いつも愚痴や悪口を聞かされていた
ケース5 支配的な親が怖くて、いつもビクビクしていた
「ありのままの自分ではダメ」という病
自分を優先できるようになるためのワーク2

●ステップ3 自分の価値を認める

●ステップ4 自分を優先するために心を整える

●ステップ5 自分軸で人と付き合う

●ステップ6 うまくいかないときの対策

●ステップ7 幸せになることを許す

エピローグ

■著者 積田美也子