十字路と北極星

個数:1
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

十字路と北極星

  • 著者名:紫村盆水【著】
  • 価格 ¥880(本体¥800)
  • ボイジャー・プレス(2020/02発売)
  • 2021年折り返しの週末!Kinoppy 電子書籍 全点ポイント30倍キャンペーン(~6/27)
  • ポイント 240pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

ブルース、スピリチュアルには隠された意味がある。自由と平等の意味を作り変えた屈強なソウルがある。

朽ち落ちた始発駅、奴隷市場、ジャック・オー・ランタンの光、奇妙な果実が揺れる南部の森、呪われた柱、地下鉄道、ブルールの彼方への時空の旅。1970年代シュールレアリズム、ブラック・スタディー、アフリカの宇宙観、女性たちの抵抗の歴史を伝えるノンフィクション・エッセイ。

【著者】
紫村盆水
ベース奏者として豊田貴志、塩次伸二ハイタイドハリス・ブルース・バンド86年を経験。毎日新聞社主催88年読書感想画コンクール高校生の部指定図書、ロナルド・シーガル著作『トコロッシュ』大和書房翻訳出版後、米国永住、Japan Cable Vision社に入社、テレビ朝日制作ニュース番組『600ステーション』のアトランタ近郊での放送事業に従事。海外ドラマ制作総合コーディネーターを経験、92年に独立し、テクタイト社を設立、以降、テレビ番組制作コーディネーターとして全米を旅する。

目次

1.ブルースの生まれ出る風景
2.伝説の悪魔
3.やさしさのシュールレアリズム
4.告発への意志
5.約束の地の悲劇
6.霊光
7.霊歌に託して
8.犠牲者たちの挽歌
9.魂の糧
あとがき
脚注