徳間文庫<br> まろほし銀次捕物帳 丑の刻参り<新装版>

個数:1
紙書籍版価格 ¥607
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

徳間文庫
まろほし銀次捕物帳 丑の刻参り<新装版>

  • 著者名:鳥羽亮【著】
  • 価格 ¥550(本体¥500)
  • 徳間書店(2020/02発売)
  • 新年度スタート!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン!(~4/5)
  • ポイント 125pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

閃く“まろほし”! 斃れる下手人!
駕篭かきの仲間うちで、“稲荷明神のご神木に、徳兵衛と筆された藁人形が打ち付けられている”という噂が広まりはじめた頃の朝、「大変だ!丸松屋が押し込みにやられた」魚屋の彦吉が上げた一声で、車坂町にある両替屋へ向けて、岡っ引きの銀次は駆け出した。番頭の話では、殺されたのは主人の徳兵衛と内儀のお繁だという…。噂の“丑の刻参り”と繋がりはあるのか?銀次の“まろほし”が閃く。斃れる下手人! ※本作品は、「まろほし銀次捕物帳 丑の刻参り」を加筆修正した新装版です。