幻冬舎新書<br> 中高年ひきこもり

個数:1
紙書籍版価格 ¥880
  • Kinoppy
  • Reader

幻冬舎新書
中高年ひきこもり

  • 著者名:斎藤環【著】
  • 価格 ¥836(本体¥760)
  • 幻冬舎(2020/01発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784344985810

ファイル: /

内容説明

内閣府の調査では、40~64歳のひきこもり状態にある人は推計61万人と、15~39歳の54万人を大きく上回る。中高年ひきこもりで最も深刻なのは、80代の親が50代の子どもの面倒を見なければならないという「8050問題」だ。家族の孤立、孤独死・生活保護受給者の大量発生――中高年ひきこもりは、いまや日本の重大な社会問題だ。だが、世間では誤解と偏見がまだ根強く、そのことが事態をさらに悪化させている。「ひきこもり」とはそもそも何か。何が正しい支援なのか。第一人者による決定版解説書。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

鉄之助

227
ひきこもり はもはや「思春期の問題」ではない!と強調。57%、半分以上は40歳以降から始まった「中高年ひきこもり」だという。この本のユニークな視点は、「ひきこもり」とはそもそも何か?をわかりやすく分析。机上の論理ではなく、対処法など具体例が示され納得できた。怠けていて働かない、のではなく「働けない」とか、社会が嫌いなのではなく「世間」が怖い、などの指摘にハッとさせられた。2020/03/08

ゆいまある

94
斎藤先生の優しさに溢れた本。ひきこもり対策のハウツーでもあるが、安心してひきこもれる社会がいい社会という価値観の持ち主なので、崩壊家庭で子供からの無視に怯える親や、きょうだいから暴力を受けている人を救う内容ではない。ひきこもりを病気として扱うことには反対しているが、障害年金の受給や就労移行支援の利用も勧めており、病名がない状態でそれは難しいのではとの矛盾も感じる。関わり方の理想の一つではあるけど、適応できるケースに限界があることには触れられていない。人はお金の為でなく承認の為に働くというのは納得。2020/10/11

石原伸晃そっくりおじさん・寺

93
この数日、体調が悪く気分も鬱ぎがちで、このままでは私もひきこもりになるのは時間の問題だと思い手に取る。読んで良かった。読んだ本書が斎藤環の本で良かった。世の中に当然あるべき大きな愛情で書かれているからだ。誤ったひきこもり観をただしてくれ、「ひきこもりもいる明るい社会」を提言する。本当にその通りである。世の中にはいろんな人がいていいし、もっともっと寛大でいい。世の中が今のままでは絶望的な未来が待ち受けているが、無知を改め、お互いをよく知れば少しでも生きやすい環境が生まれるはず。世の中を変える一助になる一冊。2020/02/25

ころこ

47
不登校との連続性が高いと論じていた以前と変化しており、成人が人間関係、パワハラのトラウマなどが退職をきっかけに超長期化する問題として論じられています。ひきこもりは病気でないので、その発生メカニズムがはっきりせず、対処方法もはっきりしないとあります。うっすら分かるのは、本人の自己愛が強く、上手くいかない現実と理想のギャップは屈辱でしかなく、それを埋めることは恥ずかしく諦めてしまっているが、他方でこのままではまずいと焦燥感に駆られている状態ということす。著者は終始「太陽政策」ですが、それでは本人の自己愛が肥大2020/02/19

スプーン

39
著者の豊富な経験に基づいて書かれたひきこもり論考。チラチラと見える「生きる意味」に関心します。解決には「対話が中心」「第三者を巻き込む」「就職=ゴールでは無い」が大事。目からウロコのひきこもり本。2021/08/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15168326

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。