―<br> まずは塩しましょう。 無駄なくおいしく食べきる

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,540
  • Kinoppy
  • Reader


まずは塩しましょう。 無駄なくおいしく食べきる

  • 著者名:ワタナベマキ【著者】
  • 価格 ¥1,540(本体¥1,400)
  • KADOKAWA(2020/01発売)
  • ポイント 14pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784048966474

ファイル: /

内容説明

たとえば、大根や白菜、大きなキャベツなどの一度に使いきれない野菜や、
旬のなすやきゅうりなど、袋にたっぷり入った野菜。
または、特売で何枚も入った鶏肉や、かたまりの豚肉など。

買ったはいいけど使い切れない食材は、「塩して保存」してみましょう。
それだけで食材が長持ちし、おいしく食べきれるようになるのです。
また、その塩が味付けになるので、難しい味付けなしで料理が完成します。
そして塩味だからこそ、和食、洋食、中華やエスニックとどのタイプの料理にも
アレンジが可能というメリットも。

本書では、長らくその方法で作りおきをしている著者の、研究しつくした塩の分量を丁寧に解説。
塩した食材のアレンジレシピも数多く紹介します。

何よりもちゃんと食材をちゃんと使い切れて、食べきれるようになることで、
料理が楽しくなることうけあい。
自分をほめたくなる、新しい習慣を提案します。


<こんな人におすすめです>
・野菜をたくさん食べたい人
・味付けが苦手な人
・冷蔵庫をすっきりさせたい人
・食材の無駄を出すのが嫌な人
・気持ちよい冷蔵庫を目指したい人

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よこたん

51
“塩もみした食材を加えた料理は、全体に塩をふった料理より、立体的な味わいになることにも気がつきました。” どのへんが立体的かはわからないけど、確かに味わいは違うとやってみて実感。繊維が柔らかくなる、かさが減ってコンパクトになる、素材から旨味が出る、時短に役立つなど、利点も多いよう。病気をしてから減塩を心がけるようになり、味付けとしての塩はほんのちょっぴりになっていて、「塩しておく」に抵抗があったが、少しの塩でもいけた。塩小松菜の餃子、塩サーモンのタルタル美味しそう。塩鶏で炊き込みご飯は新しい味わいだった。2020/03/30

きのみ

8
大好きワタナベマキさんの本。お野菜を悪くしてしまうことが減るといいなと思い手に取りました。もっと日持ちするといいんだけど、、そうなると冷凍が選択肢になってしまうのかなぁ。塩の割合をマスターできれば、日々の料理が楽になりそう。2020/06/29

黒とかげ

1
写真は美味しそうだが、そんなに一摘まみの塩でそんなに効果あるのだろうか?とりあえず料理してみるか。2020/03/08

クロネ

0
塩をすると大体4、5日保存できるらしい。魚は真似しようかな。野菜や肉は、4、5日保存ならそのままか冷凍して食べるかな。。ちょっと塩分高くなりそう。でもセロリとアーモンドの混ぜご飯は食べてみたい。2021/05/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14988690

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。