フェイクニュースがあふれる世界に生きる君たちへ - 増補新版 世界を信じるためのメソッド

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,870
  • Kinoppy

フェイクニュースがあふれる世界に生きる君たちへ - 増補新版 世界を信じるためのメソッド

  • ISBN:9784907364137

ファイル: /

内容説明

そのニュース、疑わなくてもいいですか?

映画「FAKE」や新作「i-新聞記者ドキュメント」でメディアの本質を暴露し続ける著者が、ポスト真実の時代にますます必須のメディア・リテラシーをわかりやすく解説。「よりみちパン!セ」シリーズ『世界を信じるためのメソッド』に、SNSの影響など今日的話題を加筆。親子でフェイクニュースに強くなれる1冊。

【著者】
森達也
1956年広島県生まれ。映画監督・作家・明治大学特任教授。98年、オウム真理教のドキュメンタリー映画「A」を公開。2001年、続編「A2」が山形国際ドキュメンタリー映画祭で特別賞・市民賞を受賞。11年に『A3』が講談社ノンフィクション賞を受賞。著書に『放送禁止歌』『死刑』『いのちの食べかた』『FAKEな平成史』『ニュースの深き欲望』他多数。

目次

第1章 ニュースは間違える
 連想ゲームをしよう
 戦争とお菓子の値段
 メディアが間違うとき
 無実の人が犯人に
  間違いを信じないために

第2章 ニュースを批判的に読み解こう
 丸呑みしないで、よく もう
 リテラシーって何
  星の王子さまも注意していた
 戦争も起こせる
 クウェートの少女と水鳥

第3章 きみが知らないメディアの仕組み
 僕がクビになった理由
 ニュースの価値はどう決まる?
 「わかりやすさ」のトリック
 「撮る」ことは「隠す」こと
 中立って何?
 両論併記って何?
 多数派はなぜ強い?

第4章 真実はひとつじゃない
 メディアは最初から嘘だ
 ヤラセと演出
 ニュースのうしろに消えるもの
 市場原理とメディア
 メディアはあおる
 思い込みを変えるのもメディア

第5章 フェイクニュースに強くなるために
 世界から見た日本
 北朝鮮の新聞
 平和の歌が放送禁止になるとき
 フェイクニュースがメディアを変えた
 メディアと僕らは合わせ鏡
 どっちが嘘なの?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

☆よいこ

65
小中学生向けメディア論。国語教科書に載っていそうな文章。[第1章:ニュースは間違える]メディアってなに?無実の人が犯人に[第2章:ニュースを批判的に読み解こう]映画とラジオの誕生、クウェートの少女と水鳥[第3章:きみが知らないメディアの仕組み]サリン事件の報道、ニュースの作り方、中立ってなに[第4章:真実はひとつじゃない]ヤラセと演出[第5章:フェイクニュースに強くなるために]放送禁止、メディアは進化する▽僕たちが求める形にメディアは変化する。世界はグラデーション、だからこそ世界は豊かである。分類3612020/11/04

コニコ

20
毎日の暮らしにあふれる情報とどう対処していけばいいか、はたして子どもから大人まで、きちんと認識しているだろうか?時にネットで流れるニュースはどれも同じタイミングで押し寄せる。ファクトチェックされているか、ほとんど判断できずに受容してしまいそうだ。その方が、受けがいいし、安心だから。森氏が例に出した「自由からの逃走」そのもの。自ら気づかずに、進んで何かに隷属してしまう現象が今、そこら中で起こっている気がする。まずは自分で考え、ニュースを批判的にみてみることから始めたい。2021/06/29

nbhd

15
すごいなぁ、と思ったのは、(僕が知るかぎり)森達也さんは20年近く、何も変わってない。ずっと同じことを書き続けている。言ってしまえば、それで”ごはんを食べている”。これは純粋に、すごい。で、だいたい次のようなことをよく言っている→「真実は一つじゃない」「事実は多面的」「撮ることは隠すこと」「メディアは最初から嘘だ」「世界はグラデーションだ」。世の中の、こういう主張のパイを独占している。なんだろう、正しい姿勢なのだけど、感触がグニャっとしている。永遠に正しいと思うけど、世界は永遠に正しくならない。2022/01/20

おはなし会 芽ぶっく 

15
テレビの仕事をしていた著者は、メディアは間違いを起こすと言います。ニュースが事実を伝えるのがなぜ難しいかを、読者自身に考えさせながら教えてくれます。子どもたちは「事実をそのまま伝えるのだから簡単」と思っているのではないでしょうか?けれど、全ての情報は必ず誰かの視点が入っています。それは人様々。ニュースを1つ1つチェックするのは不可能ですが、自分なりに主体的に考える方法の手掛かりがかいてあります。2020/03/25

リラコ

15
罪のない者のみが石を投げよ。この世の中を作っているのは、私たち一人ひとりなのだ。#Netgalley2019/12/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14611294

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。