双葉文庫<br> 南の島の甲子園 八重山商工の夏

個数:1
紙書籍版価格
¥649
  • 電子書籍
  • Reader

双葉文庫
南の島の甲子園 八重山商工の夏

  • 著者名:下川裕治【著】
  • 価格 ¥649(本体¥590)
  • 双葉社(2020/01発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784575713565

ファイル: /

内容説明

沖縄の離島勢としてはじめて、甲子園に出場した日本最南端の高校・八重山商工。選手たちは全員島出身で、小学校の頃から伊志嶺監督の厳しい指導を受けてきた。「八重山から甲子園」という夢の実現を描いたノンフィクション、待望の文庫化!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

おいしゃん

36
この人のアジア旅行記は好きでよく読むのだが、スポーツドキュメンタリーという全く違ったジャンルであるこの本もとても楽しめた。緩く、良い意味で抜けてて憎めない八重山諸島の人々の空気感に癒される。2020/05/02

kawa

12
甲子園で熱闘が続いているグッドタイミングな本書。06年、離島から初めて沖縄代表となり、甲子園に出場した八重山商工チームとその周辺を追うドキュメント。著者は彼らを、本土風の統率のとれた高校野球ではなく、島の流儀に沿うユルいチームと分析する。長年、沖縄に関わってきた著者ならではの指摘で、おそらく、地元の人では気がつかない視点だろう。一種の比較論的沖縄論としても面白く読める。2016/08/13

kinupon

12
野球一辺倒ではなく、かといって甲子園への夢はしっかりと持っている。今風な高校生で、読んでいてほっとしました。2014/06/09

koi

4
島の雰囲気の記述が多いでしょうか。監督の悪態をみんな聞き流す術を身につけたあたりユーモラスでした。伏せてあるような部分も多いのでちょっと興ざめするきらいもありますが、やっぱりネタが新しいといろいろな方面への配慮で仕方ないよなと思います。2014/08/23

TEDDY曹長

2
なんか良いよね。まさにおらが島のチームの活躍話。けして楽ではないのに島人全員が支えて選手を送り出したと言う事が伝わってくるし、試合でアルプススタンドが沖縄に変化して、みんなでカチャーシー踊りだすあたりのくだりはなんか良い話だなって感じます。高校野球で出てくるチームに故郷を感じるってのはこう言う部分からなんだと強く思いました2013/03/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/193034
  • ご注意事項