名字の話

個数:1
紙書籍版価格 ¥654
  • Kinoppy
  • Reader

名字の話

  • 著者名:柳田國男【著】
  • 価格 ¥550(本体¥500)
  • 土曜社(2020/01発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784907511708

ファイル: /

内容説明

名著『遠野物語』の翌年世に出た、柳田國男36歳の著作。「支那では古くから「万姓統譜」などいう書物があって、これによれば家々の歴史もわかり、間接には数千年来の国内植民の趨勢も明らかになることであるが、不幸なることにはわが邦にはこの種の書籍もなく、しかも度々の混乱を経た今日となっては、将来これを作製すべき希望もはなはだ乏しいのである。せめてもの希望として、たとい明治になって家号を付けた家々まで、その由来を明らかにすることができぬまでも、せめては地方地方の旧族名門、およびいわゆる士族という階級だけは、多少の辛苦をすればわかるのであるからして、今のうちにその家号の索引をこしらえておきたいものである」(本書より)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

わ!

0
なぜか突然発刊された柳田國男翁の本である。おそらくは全集などを買えば、その中の一冊の中の一章に含まれているのだろう。…が、なぜわざわざこの話だけを、このタイミングで一冊の本にして発売したのかぎわからない。もちろん、その内容は、タイトル通りの「名字の話」である。日本における「名字」がどのようにして、成立してきたのかを柳田翁の語りで述べられる。それはまるで、遠い御伽話のようでもある。2020/03/21

おさらぎ

0
青空文庫で読んだのだが、日本人の名字の由来から、武士が興隆して寄進地系荘園が発展していく様、名字が分かれても一族の結束がある程度維持されてきたこと、明治になって戸籍が整備されたときの混乱など、興味深い話が縷縷紹介されている。民俗学には民話や習俗の記録だけではなく、史学を補完する面があることがわかる。2021/02/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15242504

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。