竹書房怪談文庫<br> 恐怖箱 厭還

個数:1
紙書籍版価格 ¥715
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

竹書房怪談文庫
恐怖箱 厭還

  • 著者名:つくね乱蔵【著】
  • 価格 ¥715(本体¥650)
  • 竹書房(2019/12発売)
  • 新年度スタート!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン!(~4/5)
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

内容紹介
庭に埋めらたぬいぐるみの腹に仕込まれた肉片…そして凶事が。
平和な日常を一瞬にして突き崩す怪。圧倒的恐怖、ここにあり!

平和な日常と家庭を突如襲う理不尽な怪。或いはどす黒い情念の花が咲く因果応報の怪。
圧倒的な忌まわしさと絶望感が胸を抉るつくね乱蔵の人気実話怪談〈厭〉シリーズ最新作。
原因不明の頭痛に悩まされる男。友人は、二週間前に行った心霊スポットが原因だと言うのだが…「何も分からない」、
子宝に恵まれぬ兄嫁を心配した妹は子授け祈願すら受けられぬ自らの一族の秘密を知る…「長男の嫁」、
隣家との境界線に埋められた肉片の詰まったウサギのぬいぐるみ。
やがて凶事が…「ぬいぐるみの肉」他、闇が闇を呼ぶ怒涛の37話!

著者について
つくね乱蔵 Ranzo Tsukune
福井県出身。第2回プチぶんPetio賞受賞。
実話怪談大会「超‐1/2007年度大会」で才能を見いだされデビュー。
内臓を素手で掻き回す如き厭な怪談を書かせたら右に出る者はいない。
主な著書に『恐怖箱 厭怪』『恐怖箱 厭鬼』『恐怖箱 厭魂』『恐怖箱 絶望怪談』『恐怖箱 万霊塔』『恐怖箱 厭獄』、その他主な共著に「怪談四十九夜」シリーズ、「怪談五色」シリーズ、「恐怖箱テーマアンソロジー」シリーズ、『アドレナリンの夜』三部作、ホラーライトノベルの単著に『僕の手を借りたい。』がある。