アメリカンクッキー - 歴史や文化がぎゅっと詰まった家庭菓子の56レシピ

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,760
  • Kinoppy

アメリカンクッキー - 歴史や文化がぎゅっと詰まった家庭菓子の56レシピ

  • 著者名:原亜樹子
  • 価格 ¥1,760(本体¥1,600)
  • 誠文堂新光社(2019/12発売)
  • ポイント 16pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784416719336

ファイル: /

内容説明

アメリカンクッキーとは、バラエティーに富む小さな家庭菓子のこと。

日本でアメリカンクッキーといえば、チョコレートチップクッキーやピーナッツバタークッキーなど、限定的なものが知られていますが、実のところ、その世界は、驚くほどバラエティーに富んでいます。

アメリカンクッキーは、家庭で作られる日常のおやつ。
だから、キッチンにある材料でそれほど手間をかけずに作れるものが多く、ケーキやパイに比べると気軽にできることから、チャレンジ精神あふれるユニークなものや、流行を反映したものなど、クッキーが登場した18世紀末から現代にいたるまで、どの時代も、その小さな家庭菓子の世界は、ワクワクする喜びに満ちています。

本書では、ドロップクッキー、成形クッキーと型抜きクッキー、ノーベイククッキー、サンドイッチクッキー、スクエアとバーなど、アメリカンクッキーを網羅的にまとめており、これは本邦初ともいえるでしょう。
50種類以上ある多彩なレシピは、特別な材料や道具を必要としない、作りやすいものばかり。
アメリカのお菓子はとても甘い、と思われがちですが、日本人の味覚に合う甘さに調整しています。
また、アメリカンクッキーの歴史、物語、事情など、貴重な読物も満載しているので、アメリカンクッキーのおもしろさを知る入門書としても楽しめます。

・ドロップクッキー
国民的クッキーなど多くのクッキーがこのタイプで、子どもたちも手作りする家庭菓子の代表選手。

・成形クッキーと型抜きクッキー
手成形で丸や三角、三日月形を作ったり、ひと手間かけて好きな型で抜いたりします。

・ノーベイククッキー
オーブンやトースター不要の焼かないクッキーは、アメリカらしい伝統的でユニークな家庭菓子。
「オーブンやトースターがないとクッキーは作れない」と思っている方にもぜひ試していただきたいレシピです。

・サンドイッチクッキー
サンドイッチがこよなく愛されるアメリカでは、サンドイッチクッキーも大人気。
クッキーにクリームをはさむだけでなく、サンドの世界にはもっと豊かなバリエーションが広がっています。

・スクエアとバー
正方形や長方形の型で大きく焼き、四角や細長に小さく切り分けて食べるクッキー。
小さいサイズに焼き上げるクッキーよりも成型に手間がかからないので、忙しい人にもおすすめです。

・古いクックブックのクッキー
18世紀末から19世紀後半にかけて、アメリカのクックブックが刊行され始めて間もない時代を中心に、それぞれの時代を代表する、珍しいクッキーのレシピをストーリーとともに取り上げています。
アメリカンクッキーの歴史を感じる時代旅行も楽しむことができます!

目次

Part1 ドロップクッキー
Part2 成形クッキーと型抜きクッキー
Part3 古いクックブックのクッキー
Part4 ノーベイククッキー
Part5 サンドイッチクッキーとフィルドクッキー
Part6 スクエアとバー
Column

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よこたん

55
サクサク、ほろほろ、ねっちり、もっちり、ふんわり、しっとり、ガリガリ、ふかふか、パリパリ、ねっとり…。これらが組み合わさって美味しくて個性的なクッキーを彩る音と食感になる。クッキーはアメリカ生まれの英語。いろんな国から集まってきたお菓子も、お家のママの味も、包み込む懐の深さよ。いかにもなザ・クッキーから、カラフルマシュマロとクルミをチョコで固めたどこがクッキーやねん?なクッキーから、ノーベイク(焼かない)クッキー、そして焼く前の生のクッキー生地を模したクッキードゥというクッキーまで。もう眺めては夢心地。2020/05/07

くさてる

20
ドロップクッキー、型抜きクッキー、アイスボックスクッキーという定番から、ノーベイククッキ―(焼かない!)などの変わり種まで、レシピメインのアメリカンクッキーそのものの歴史や文化を紐解いた一冊です。種類や食感、歴史の流れとともにレシピがあるので、なるほどと思って読みました。解説書のように厚くはないけれど、写真も豊富で読みやすく、クッキーが生活に根差したお菓子だということが分かる内容で面白かったです。2021/02/06

ロア ※設定変更忘れるな自分

13
面白かったー!それぞれのお菓子にまつわる「歴史や文化」なども知ることができて、レシピBookだけにとどまらず読み応えも十分!初めて見るお菓子も沢山載っていて、とても楽しめました。焼く前の生食専用クッキードゥや、焼かずに食べられるノーベイククッキーとか、考えたこともなかったなぁ!掲載されているお菓子の食感や、それがどんな味わいでどんな風に美味しいのかまで書かれていたりして、想像が膨らむ一冊でした。イギリスやフランスのお菓子とはまた全然違うアメリカンクッキー。だれか作って食べさせて(*´ω`*)2021/10/24

ぽけっとももんが

12
これはもう、アメリカのクッキーの図鑑。いろいろなクッキーの由来や食感などがレシピ自体より詳しい。マッシュポテトを使うとか、焼かずに生地のまま食べるクッキードゥなど知らなかったようなもの多数。どれもかなりスパイスを使う。20年くらい前知り合った人のご主人がアメリカ人で、クリスマスにジンジャークッキーを作りたいのにモラセスが手に入らない、探して結局大手のパン屋さんで譲ってもらった、と言っていた。代々伝わるレシピをわたしも教えてもらったけれども、これも案外商品パッケージレシピだったのかもね。2020/04/11

チョビ

6
もう名前の通り。素朴なドロップクッキー(を使うときのアイディアが面白い!)や、昔からある著名か家政本のからのレシピ。何といっても凄いのは「焼かない」クッキーの存在。やってみる気になる。2020/02/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14644555

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。