ブルーバックス<br> 免疫力を強くする 最新科学が語るワクチンと免疫のしくみ

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,210
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

ブルーバックス
免疫力を強くする 最新科学が語るワクチンと免疫のしくみ

  • 著者名:宮坂昌之【著】
  • 価格 ¥1,210(本体¥1,100)
  • 講談社(2019/12発売)
  • ブラックフライデーの週末!Kinoppy 電子書籍 全点ポイント30倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 330pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784065181775

ファイル: /

内容説明

テレビや新聞、インターネットには、毎日のように「免疫力を高める」とか「がんを免疫で治す」といった情報が流れているが、免疫学的に見ると、その大部分は科学的エビデンスが欠けている。残念なことに、こうした怪しげな情報に、多くの人たちが惑わされて、かえって健康を損ない、ときには寿命を縮めているケースさえある。 

その最たるものが、ワクチンに対する過剰な忌避感情・恐怖症だ。医学的にもっともエビデンスのある「免疫力増強法」は、ワクチン接種である。ところが、ワクチンの副作用を過剰に煽る人たちがいて、彼らの多くが医師や医学博士という肩書を持つことから、その主張はもっともらしく聞こえ、それなりの支持を獲得している。しかし、彼らの主張を子細に見てみると、ワクチンや免疫機構に関する初歩的な事実が見落とされ、しばしば医学的に誤った主張がなされている。こうした情報に翻弄されると、健康被害を受けかねない。もちろん、ワクチンは万能ではなく、効果が不十分である場合や、副作用が出ることもある。しかし、そのようなことを考慮しても、多くの感染症ではワクチン接種は有効で、ほとんどの人に利益をもたらす。

一方で、巷に氾濫している免疫力強化をうたう健康食品の多くには暗示効果以上のものはなく、摂取してもからだの免疫力はほとんど変わらない。健康食品は精神安定剤以上のものではない。免疫系全体の能力を上げるためには、むしろ、血流やリンパ流量をよくすることのほうが役に立つ(本書では、その科学的エビデンスや具体的な方法について、解説している)。そして、なるべくストレスをなくすことだ。「信じるものは救われる」と言うが、健康食品や民間療法の多くは「信じても救われない」。そのようなものに頼るよりも、からだの働き方を科学的に理解して、それに伴ったものの考え方、生活の仕方を実践することが賢明である。

本書では、近年注目を集めている「がん免疫療法」についても取り上げている。これまで抗がん剤以外に打つ手がなかった「がん」に対して、「がんワクチン」が使われ、効果をあげつつある。加えて、さらに最近、免疫チェックポイント療法、CAR-T療法など、劇的な効果をもたらす「がん免疫療法」が注目されている。本書では、こうした最新の免疫療法についても取り上げ、その可能性と限界についても紹介していく。

このほか、本書では、そもそも免疫力を科学的に測定することは可能なのか? また免疫力を科学的に高める方法は存在するのか? がんや高血圧などの病気をワクチンで治療することが可能なのか、など数多くの疑問に対して、科学的に誠実に解説した。インフルエンザや風邪が流行する前に読んでおきたい「読むワクチン」だ。

目次

第1章 病原体の侵入・拡散を防ぐからだのしくみ
第2章 ワクチンとはなにか
第3章 ワクチンを接種する前に知っておきたいこと
第4章 感染症別ーワクチンの現状と問題点
第5章 免疫記憶とはなにか?
第6章 がん免疫療法は「不治の病」を克服できるのか?
第7章 「夢の新型ワクチン」研究最前線
第8章 「免疫力を強くする」のウソ・ホント

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

アキ

84
日本の免疫学の権威。マスコミでエビデンスが欠けた情報が出回っていると指摘。医学的に最もエビデンスのある免疫力増強法はワクチン接種。感染症以外にもがんワクチンや新型ワクチンも紹介している。巷で喧伝されている免疫増強食品やサプリメントで医学的に効果が確認されたものは皆無に近い。免疫系全体の能力を上げるにはストレスをなくし血流やリンパの流れをよくすること。正しい知識こそ、情報のワクチンとして確実に病気のリスクを低下させます。むしろ免疫が過剰に働く慢性炎症による病気も多いため、免疫を適正な水準に抑える必要もある。2020/03/25

翔亀

41
【コロナ25】先日読んだ審良静雄/黒崎和博「新しい免疫入門」【コロナ22】が理論編なら、これは実践編というべきだろう。免疫力を強くするにはどうすればよいかが書かれているからだ。しかし、その答えは明快ではあるが、がっかりするかもしれない。ワクチンを打て、なのだから。■説明は最新の免疫学の成果に基づいた正確なものだ。インフルエンザや子宮頸がんなど各種ワクチンのメリットとデメリットが丁寧に説明される。どんなワクチンも100%安全ではない。しかし打たないで罹患した場合のリスクに比べると遥かによい、というのが↓2020/06/25

yutaro13

35
新型コロナを機に免疫のお勉強。人間の持つ免疫機構には驚かされるばかり。がん免疫療法についても紹介あり。さて、免疫力を高める方法として、科学的エビデンスがあり確実な予防効果があるのはワクチン接種。ところが最近はワクチン不要論が根強く著者の強い危惧を感じられる(いくつかの不要論には名指しで反論)。ワクチンのリスクはゼロではないがメリットの方がはるかに大きい。感情論ではなく理にかなった考え方を、との意見には賛同。ワクチン被害については、本書で紹介されている米国の「無過失補償制度」が参考になりそう。2020/07/31

zoe

21
ワクチンとは何だ。集団免疫を獲得する。集団免疫閾値。リスクに対して、無過失補償制度。抗原原罪という考え方。長期の免疫記憶がおこればいいな。がん免疫療法。2020/03/26

ケニオミ

19
良書です。大言壮語はありません。本書中に書かれている通り、「免疫力を高める方法は、個人の年齢や生活環境などを考慮して、科学的なエビデンスがあり確実な予防効果があるワクチンを接種するとともに、不必要な抗菌薬などの使用を控えて良好な腸内環境を整える。そして、暴飲暴食を控えて、寒すぎず暖かすぎずの環境の中で節度ある生活をして、毎日適度な運動をする。」ことです。インフルエンザ対策としては、マスクは感染者がくしゃみで飛沫を飛ばさないためだけに有効で、アルコールは、常在菌のおかげで、あまり必要ない。今から実践します!2020/03/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14868067

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。