仕事と子育てが大変すぎてリアルに泣いているママたちへ!

個数:1
紙書籍版価格
¥1,540
  • 電子書籍
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

仕事と子育てが大変すぎてリアルに泣いているママたちへ!

  • 著者名:小島慶子【著】
  • 価格 ¥1,540(本体¥1,400)
  • 日経BP(2019/12発売)
  • 盛夏を彩る!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~7/28)
  • ポイント 420pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784296104581

ファイル: /

内容説明

◆Chapter1 夫婦の話
夫婦の在り方って?につくづく思うこと
「崖っぷち共働き親」の罪悪感と幸福/夫に「肩書き」がなくてもいいじゃない
私が夫に絶対に腕時計を見せないわけ/共稼ぎ夫婦の「夜の生活」、ここだけの話 ほか

◆Chapter2仕事の話
大黒柱ワーママをしながら考えてきたこと
「ワーク・ライフ・バランス大嫌い」の方へ
同期が勤続20年! 今振り返る会社員生活/月1フライト生活で父の仕事を思い出す
あなたの会社の暴君を会議で黙らせる方法 ほか

◆Chapter3子育ての話
子どもから教わったこと、子に伝えたいこと
「料理は愛情!」の押しつけはうんざり/入園前の親御さん、ハグしてチューしよう!
子育ては人を成長させるのか/共働き親は、夏こそ子どもに暇を与えて
夫がぜんぶ一人でやっちゃうので困る! ほか

◆Chapter4社会の話
パースで、日本で、飛行機で、社会について思うこと
住めば都ってそういう意味だったのか/認知症の孤独を、自分の視点で捉えてみた
キャビンアテンダントから考えるお国柄/この社会で、女でいるということの難儀 ほか

大黒柱ワーママ対談 小島慶子×犬山紙子

目次

◆Chapter1 夫婦の話
夫婦の在り方って?につくづく思うこと
「崖っぷち共働き親」の罪悪感と幸福/夫に「肩書き」がなくてもいいじゃない
私が夫に絶対に腕時計を見せないわけ/共稼ぎ夫婦の「夜の生活」、ここだけの話 ほか

◆Chapter2 仕事の話
大黒柱ワーママをしながら考えてきたこと
「ワーク・ライフ・バランス大嫌い」の方へ
同期が勤続20年! 今振り返る会社員生活/月1フライト生活で父の仕事を思い出す
あなたの会社の暴君を会議で黙らせる方法ほか

◆Chapter3 子育ての話
子どもから教わったこと、子に伝えたいこと
「料理は愛情!」の押しつけはうんざり/入園前の親御さん、ハグしてチューしよう!
子育ては人を成長させるのか/共働き親は、夏こそ子どもに暇を与えて
夫がぜんぶ一人でやっちゃうので困る!ほか

◆Chapter4 社会の話
パースで、日本で、飛行機で、社会について思うこと
住めば都ってそういう意味だったのか/認知症の孤独を、自分の視点で捉えてみた
キャビンアテンダントから考えるお国柄/この社会で、女でいるということの難儀ほか
コラム共働きの悩みに答えます

大黒柱ワーママ対談小島慶子×犬山紙子
未来へつなぐ共働き&子育て

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

織川 希

5
★★★★☆ 泣いてるママを勇気づけてくれる本。本書は仕事と育児を両立する母親とその周囲の人に向けた随筆集。雑誌に掲載されていたコラムを1冊の本にまとめたものだが、どの文書も示唆に富んでいて、共感できたり学びになったりと、得るものの多い本だった。私が最も強く共感したのは、本書冒頭「『働きながら家族と生きる』という人としてごく当たり前のことが、なんでこんなに難しいのだろう。そんな世の中、おかしくないか?」という一言。私が常に感じ、自分の著書にも記したこの思いをしかと書いてくれている人がいて、本当に嬉しい。2023/11/13

skr-shower

1
TVや雑誌に掲載されるのは、稀な現象だから。それを見聞きして自分を追いつめちゃいけません。強い人も弱い人もできる範囲で。性別役割・社会的常識(と思われてる)にドップリ浸かっている人達と、正面から一人で戦ってはいけません。2020/07/25

ぽじ

1
寂しいときに一緒に同じ思いをしている人がいるかどうかってこと。まさにそうだと思う!保育園に預かってもらって、寂しいのは子どもだけじゃない。パパもママも!だからこそ会えた時に喜びを伝えあうことが大切(^^)うん、うちはできてるできてる。。家族四人がなんとか生きていければ十分!力強くて良本でした(^^)★2020/01/26

星野マリエ

1
Twitterで気になって読んだ本。中学生、高校生を育てる小島さんだからこそ言えるこれまでの経験談が参考になった。 小さい子供を預けて働いていることに、悩んだり罪悪感を感じたりしていたけど、そんな必要はないんだなとも思える一冊だった。 色んな人生があるので、子供を育てることが全てとは言わない。ただ、子育て中でしんどい思いをしている夫婦には、子育ては大変だけど濃密な日々を送れるんだと改めて気付かされる内容だと思う。2019/11/29

AYA

0
★★★★☆/また読みたい/推薦者→なし とても素敵な言葉や考え方が散りばめられた本でした。私が不安になっている入園についてもですが、入学から中学生まで"こんな感じでやっていた"と書いてあり、スッタモンダも書いてあり、頑張りたいと思いました。端々に幼少期は大変だけど、家族としての思い出の時でもあることが分かり、大変ながらも素敵な日々なんだと思えました。また読みたいし購入したいと思いました。迷った時に読み返していきたい!

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14801251
  • ご注意事項