結婚滅亡~「オワ婚時代」のしあわせのカタチ~

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,650
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価
  • ポイントキャンペーン

結婚滅亡~「オワ婚時代」のしあわせのカタチ~

  • 著者名:荒川和久【著者】
  • 価格 ¥1,650(本体¥1,500)
  • 特価 ¥990(本体¥900)
  • あさ出版(2019/11発売)
  • 青い空!白い雲!夏のKinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~8/1)
  • ポイント 225pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784866671741

ファイル: /

内容説明

「結婚が作られず」「「結婚が壊される」――。

2040年、人口の5割が独身(=ソロ社会)という時代がやってくる!

それは「絶望の未来」か?
それとも「希望の未来」か?

“オワ婚”時代の「結婚」「家族」「コミュニティ」「しあわせ」について、
豊富なデータをもとに、独身生活者研究の第一人者が
視点を多重化して考察した1冊。

いつもの風景も視点を変えれば、新しい「発見」がある!


本書で扱う『結婚』とは、
単に男女が婚姻関係を結ぶという形態だけのことではなく、
結婚によって今まで作られてきた「社会的構造」「経済的構造」「人間的構造」
という部分に着目したいと思います。


未婚化による結婚滅亡の時代が訪れるとするならば、
それは、若者が恋愛しなくなったからでも、貧乏になったからでもなく、
もっと本質的には、環境の構造上の問題が大きいのです。

2040年、人口の5割が独身(=ソロ社会)という時代がやってきます。
この5割の独身とは、未婚だけで作られるのではありまあせん。
未婚と離別死別による独身者の合計です。

つまり「結婚が作られず」「結婚が壊される」ことによって生まれる独身5割の国、
それが20年後の日本なのです。

そのソロ社会を「絶望の未来」とするのか「希望の未来」とするのか、
それは、結婚や家族や幸せというものを、
我々一人ひとりのどういう視点でとらえ直すかによっても、変わるのではないでしょうか。
(はじめにから抜粋)


■目次

1章 結婚の構造が足元から揺らいでいる

2章 「結婚しない」ってそんなに悪いこと?

3章 結婚したら“しあわせ”になれるのか

4章 そもそも「結婚」とは何だろう

5章 では「家族」とは何だろう

6章 結婚だけじゃない「安心のあり方」

■著者 荒川和久(あらかわ・かずひさ)
早稲田大学法学部卒業。
広告会社にて、自動車・飲料・ビール・食品など幅広い業種の企業業務を担当。
キャラクター開発やアンテナショップ、レストラン運営も手掛ける。
独身生活者研究の第一人者として、
国内外のテレビ・ラジオ・新聞・雑誌・WEBメディア多数出演。
著書に『結婚しない男たち』(ディスカヴァー携書)、『超ソロ社会』(PHP新書)、
『ソロエコノミーの襲来』(ワニブックスPLUS新書)など。