メゾン文庫<br> 僕らに月は見えなくていい

個数:1
紙書籍版価格 ¥693
  • Kinoppy
  • Reader

メゾン文庫
僕らに月は見えなくていい

  • ISBN:9784758092234

ファイル: /

内容説明

バーで出会った兼業小説家・高崎に惹かれ恋に落ちた藍。酒に酔った高崎の言葉を「これは運命の恋」と信じ、彼と同居をはじめる藍だが、高崎という男は多くの女に言い寄られそれを優しく受け入れても、決して女を幸せにすることができない――そういう男だった。しかしそんな高崎も戸惑わせる藍の無垢な愛情は、いつからか止まっていた高崎の筆を進める格好の題材となっていき……。櫻いいよが“恋”を知らない男と女の“愛”を描く、年の差恋愛ストーリー。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あおやまみなみ

12
イケオジ高崎とロマンチストな藍の、どこか歪な、だけど確かな愛の話。タイトルがすごく好き。 相手を想うことが愛だとしても、愛し合っている二人が上手くいくとは限らなくて──。 あとどうしてもこれだけは言っておきたいんですけど、表紙イラストの手の甲が最高。2019/11/12

みやち🦊

4
私にとっては少々重すぎる愛の話でした。最後の手紙を先に読むことで最初の出会いから読みやすくなりました。読み方としては邪道ですが、2人の再会を楽しみにできるまでになったのでよかったです。愛し合うにはまだ早く、恋をするにもまだ早かった2人。恋だって愛だっていつから始めても遅くはないんだよと、そう願います。しかし最高の告白ですよね。名言をさらに曲げて解釈してくるという。言葉の使い方が上手だなあ。でも重かった…。2020/07/07

MAMI.

4
★★★★☆2020/02/14

アキナ

3
表紙のイケおじで買ってしまうやつ。手が性癖の人は買っちゃう。人を本気で愛することが出来ない高崎と、重たすぎる愛を提供してしまう藍のお話。仲良し夫婦でも不幸な子供が育ってしまうんだなぁと寂しくなりました。高崎の同僚女たちがとってもクソでイライラしますが、お話の展開としてはとても楽しかったです。2020/02/10

sachan

2
愛を知らない50代イケおじ 愛することしか知らない20代女性 恋を知らない男女2人のラブストーリー📖 今まで読んだ櫻いいよ作品と全然雰囲気違いました! 今回は大人っぽい感じで恋愛も甘々ってよりビターでめんどくさくて焦れったい。 気になっていたサブタイトルにはすべてにある共通点があって 途中でそれがわかったとき 「すごーい面白いー!!」って驚いたし(これは有名な話なのかもしれませんが💦) さらに調べてみるとほかにも色々な方のエピソードが…✨ 今回のタイトルは意味がわかるとちょっと切ない…かも😩2019/11/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14540842

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。