時短の科学

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,650
  • Kinoppy
  • Reader

時短の科学

  • 著者名:内藤耕【著】
  • 価格 ¥1,650(本体¥1,500)
  • 日経BP(2019/10発売)
  • ポイント 15pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

6ステップ 14のアプローチで時短は実現する!

経営者から現場の店長まで必読の書

●99%の時短は間違っている
●非製造業の生産性向上を初めて体系化!
●図解と事例で頭がスッキリ
●労働時間↓と顧客満足↑を同時実現
●生産性の研究者が現場1000回で理論化した14のアプローチ
●忙しい時間帯ではなく、ひまな時間帯に着目せよ

目次

第一章 なぜサービス業では時短が進まないのか
 ・製造業とサービス業の最大の違いは、在庫可能かどうか
 ・ラーメンを速く作るだけでは限界
 ・大半の会社は適切な人員配置、シフト管理ができていない  ほか

第二章 生産性が上がり、時短が進む方法
◆現状を把握する
 ・プロット分析 ~感覚的な議論はやめよう~
 ・業務・人員推移グラフ
◆人員配置の無駄をなくす
 ・リアルタイム・サービス法
 ・小ロット化
◆作業の無駄をなくす
 ・サービス・キネティクス原則
 ・ムラとムダを削る標準化
◆要求を理解する
 ・おもてなしピラミッド
  【観 察【笑 顔】【あいさつ】【会 話】
◆事業戦略を立て直す
 ・大口取引よりも、小口取引
 ・作業平準化のビジネスモデル
◆データで評価する
 ・スタッフと設備の効果を計る

第三章 サービス業の生産性はどこまで高められるか
 ・世界的な人口減少時代を迎える
 ・世界の賃金格差は縮小して同一になっていく
 ・制約条件から戦術を生み出すことが大事  ほか