匂いと香りの文学誌

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,640
  • Kinoppy

匂いと香りの文学誌

  • 著者名:真銅正宏【著】
  • 価格 ¥1,980(本体¥1,800)
  • 春陽堂書店(2019/10発売)
  • ポイント 18pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784394195009

ファイル: /

内容説明

茂木健一郎推薦!「古今東西の名作という素材を匂いや香りというスパイスを通してアレンジし、提供する著者の技量は卓越している」。文学の香りを読む! 五感のうちでも、最も記憶と結びつきやすいと云われる嗅覚。 『失われた時を求めて』に代表されるように、その感覚を表現した文学作品は数多くある。「におわないこと」が重視され嗅覚を使う機会の減った現代だからこそ、香り立つ文章の楽しみ方を伝授する。 ブックガイドとしても楽しめる一冊。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

くさてる

13
嗅覚という切り口から文学テキストを読み解いていく内容ですが、小説に偏らず、エッセイまで幅広く取り上げています。森茉莉「甘い蜜の部屋」を香りという観点から分析していく箇所がとても面白かったです。2020/04/08

aof

4
文学の中で「香り(匂い)」を読むのが好きだ。感覚の中でも、言葉だけで共有するのはかなり難しい部類だろう嗅覚。その難しさに立ち向かうよう並べられた言葉はとても豊かだ。 現実でも、匂いは実体であって、実体でない。その曖昧な揺らぎが魅力なんだと思う。2019/11/21

CBF

3
(★★☆☆☆) 五感のうちでも、最も記憶と結びつきやすいと云われる嗅覚。『失われた時を求めて』に代表されるように、その感覚を表現した文学作品は数多い。小説のなかの魅力的な匂いと香りを楽しむことは、読書という行為をより豊かなものにする。「におわないこと」が重視され、嗅覚を使う機会の減った現代だからこそ、香り立つ文章の楽しみ方を伝授するー。 テーマ自体は面白かったけど、取り上げられてる小説で知ってるものが少なかったため(村上春樹の数作品くらい)、取り上げられてるシーンの前後の文脈が分からないものもあった。2021/03/21

さくは

3
嗅覚から文学テクストを解説。田山花袋「蒲団」匂いと性欲、赤江瀑「オイディプスの刃」香水、永井荷風『ふらんす物語』パリの匂い、横光利一「上海」、金子光晴『どくろ杯』、谷崎潤一郎「厠のいろいろ」、小泉武夫「くさいはうまい」発酵食品、堀辰雄「麦藁帽子」記憶の中の匂い、村上春樹「中国行きのスロウ・ボート」など。2019/12/18

吉田幸浩

2
文学(小説)に登場するにおいや香りの表現をpick UPし、その譬喩を解析しようとするもの。臭覚は記憶と最も結びつきやすいと聞いたことがあるが、そういった起点から書かれているものだろう。扱う文学はほとんどが近代(大正、昭和初期)で、そこはなぜだろうと思う。他にもにおい、香り表現が出てくる本はあるだろうと思う。が、すべてを把握するわけにもいかないか。’二律背反’という説明言葉がよく出てくるが、必ずしも二律背反ではないような気がする。2020/05/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14252469

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。