グラウンド・ゼロ - わが心のワールド・トレード・センタービル

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,760
  • Kinoppy

グラウンド・ゼロ - わが心のワールド・トレード・センタービル


ファイル: /

内容説明

2001年9月11日に起きた、悲惨なテロ事件。写真家・佐藤秀明は、ビルが何もない場所から誕生する姿を撮っていた。

ワールド・トレード・センタービルの誕生から完成、そして世界を震撼させたテロによる受難。それはまさしく「ゼロからゼロへの旅」であった。ワールド・トレード・センタービル29年の生涯を撮り続けた、世界唯一の写真集『鎮魂・世界貿易センタービル』。その作者が、写真家人生とともに綴るフォトエッセイ。

【著者】
佐藤秀明
新潟県生まれ。日本大学芸術学部卒業。フリー写真家。日本写真家協会会員。1967年ニューヨークへの旅を振り出しに世界を旅し、雑誌グラフ誌を中心に作品を発表。

主な写真集
「LONESOME COWBOY」ボイジャー。「ガクの冒険」本の雑誌社。「地球極限の町」情報センター出版局。「海まで100マイル」共著 晶文社。「鎮魂 世界貿易センター」ICG MUSE。「ユーコン」スイッチ・パブリッシング。「ノースショア 1970~1980」ブエノブックス。「川物語」本の雑誌社。他多数。

目次

●写真家修行
・走る衝撃
・ニューヨークへ
・皿洗い
・老オカマを撮る
・貸した金の代償
・すり減った靴で
・バワリーに消えた男
・初めての冬
・警官ラスとの出会い
・ニューヨークの警官
・面倒見のいい男
・部屋代の滞納
・建設現場
・アポロ11号取材

●世界を旅する
・アフガニスタン取材
・ニューヨーク再訪
・完成したワールド・トレード・センタービル
・街から野性へ
・アラスカの川で
・強行突破
・恐れを振り切って
・臨死体験
・北極点を目指して
・北極点はどこだ
・ラスとの再会
・グランド・ゼロに立つ
・当日、ラスは……
・当日、ある知人は……
・当日、ある新聞記者は……
・ある幸運な男
・帰りのタクシーで

●あとがき