角川文庫<br> 臨床真理

個数:1
紙書籍版価格 ¥836
  • Kinoppy
  • Reader

角川文庫
臨床真理

  • 著者名:柚月裕子【著者】
  • 価格 ¥836(本体¥760)
  • KADOKAWA(2019/09発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784041083116

ファイル: /

内容説明

臨床心理士・佐久間美帆が担当した青年・藤木司は、人の感情が色でわかる「共感覚」を持っていた……。美帆は友人の警察官と共に、少女の死の真相に迫る! 著者のすべてが詰まった鮮烈なデビュー作!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

bunmei

159
女流作家とは思えない、事件の裏側を抉り取る展開や過激なバイオレンス描写で、息詰まるミステリーを描く、柚木作品。その原点となったデビュー作。知的障害者更生施設で起きた少女の自殺事件の謎を巡って、少女が慕っていた特殊能力を持つ司と司の臨床心理を担当した美帆が、真相に迫っていく。強引な正義感を振り翳し、突き進んでいく美帆の言動は、行き過ぎでリアルさに欠くが、その調査で見え隠れしてきたのは、権力者どもの醜い欲望の実態。しかし、そこで終わらず、更に醜悪な犯人に辿り着く展開と描写こそが、柚木作品の醍醐味なのだろう。 2021/01/12

GoGoPenguin811

145
有名なハードボイルド小説を読む前にまずはデビュー作から読んでみました。ミステリーと言うかスピリチュアル的で、人の感情を色で分かる障害者施設に居る寡黙な青年との面談を通して、新人の臨床心理士が、施設で亡くなってしまった彼の大切な人の真相へと近づいていく。 担当医者ではなく臨床心理士と言う着目点も面白い。2020/12/23

mariya926

144
柚月裕子さんのデビュー作。読みたかったけど図書館では5年以内でないと買って貰えないので諦めていましたが、なんと角川書店で新しく発売されたので読めました!これがデビュー作なんて!!というのが読了感です。臨床心理士の美帆に関して、これは司には今は言ってはいけないんじゃない?とか、早く逃げないとと思ったことはありましたが、それでも完成度は高いです。それにしても彩は可哀想です。司と幸せになって欲しかったな。障害者施設の事件はたまにニュースになりますが、弱者に対する犯罪は明るみになるのが難しいですね。2019/12/09

TAKA

139
共感覚。特殊な能力を持つ人を題材にしたサスペンス。あまり知られてない故に特殊すぎて中々信じてくれる人はいないだろうな。障がい者に見られてもおかしくない。知的障がい者施設による裏側の暗部にメスを入れた本作。こういう施設は結構存在しているだろうな。弱者が強者には逆らえない風潮がここ数年のうちにまた元に戻ってきた感はある。これこそ忖度。高城の性癖は結構ヤバい。なりよりも主人公に好感を持てなかったなあ。柚月さんデビュー作とは思えないです。2021/06/08

紫陽花

115
最近よく読む柚月さんのデビュー作。知的障害者更生施設を舞台にした作品です。そういえば柚月さんは福祉関係、社会的弱者を背景にした作品がいくつかありますね。この世界のことをよく勉強されている気がします。あと、柚月さんの本は力強さというか、どんどん人を惹きつける強さを感じます。面白かったです。2020/09/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14435396

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。