中公新書<br> 温泉の日本史 記紀の古湯、武将の隠し湯、温泉番付

個数:1
紙書籍版価格 ¥968
  • Kinoppy
  • Reader

中公新書
温泉の日本史 記紀の古湯、武将の隠し湯、温泉番付

  • 著者名:石川理夫【著】
  • 価格 ¥968(本体¥880)
  • 中央公論新社(2019/09発売)
  • ポイント 8pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

日本人と温泉の関わりは古く、三古湯と称される道後・有馬・白浜温泉は『日本書紀』にも出てくる。中世には箱根・熱海・草津・別府などの名湯が歴史の表舞台に現れた。武田信玄ら戦国大名が直轄した領国内の温泉地は「隠し湯」として知られる。江戸時代に入ると大名や藩士、幕臣らはこぞって湯治旅を楽しむようになり、旅行案内書や温泉番付が登場。初の秘湯ブームも到来した――。多彩なエピソードでつづる通史。