犬のおしりにしかれてます。それでも仕えた11年の日々

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,155
  • Kinoppy
  • Reader

犬のおしりにしかれてます。それでも仕えた11年の日々

  • 著者名:赤澤英子【著】
  • 価格 ¥1,155(本体¥1,050)
  • 文響社(2019/09発売)
  • ポイント 10pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

単なる「ペット」と「飼い主」の物語ではありません。
何かを強く愛したくなる本です。

トイプに翻弄されるイラストレーター「私」の
0歳から11歳までの日々。

************

子どものころから犬が大好きだったが、
父の仕事の都合で団地に住んでいて
飼うことができなかった。

「ワンコのいる生活」にあこがれつづけ
家にあった動物図鑑の
犬のページばかり見ていた。

―そんな中、出会ったある一匹の犬。

思っていたよりずっと賢く…
思っていたよりずっと「ズル可愛い」生き物だった…

************

あーもう、ズルかわいいっ!!
たまらない「尻しかれ感」を味わえるマンガ多数収録

・密着してくるときの「おしり率」が異常に高い
・掃除のとき、作業の50%はトイプをどけている
・洗濯物を畳んでいると、乗る
・なぜ!? 飼い犬に「ひざかっくん」される
・キライな歯みがきのとき、持ち上げにくいポーズをとる