原因不明の体の不調は「舌ストレス」だった 咬み合わせ治療の名医が語る「舌」と「歯」と「健康」

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,650
  • Kinoppy
  • Reader

原因不明の体の不調は「舌ストレス」だった 咬み合わせ治療の名医が語る「舌」と「歯」と「健康」

  • 著者名:安藤正之【著】
  • 価格 ¥990(本体¥900)
  • かざひの文庫(2019/09発売)
  • ポイント 9pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

◎前日本医科大学総長 荒木勤先生
「不定愁訴の一因が“舌のストレス”にあることを、是非すべての医師に知ってほしいです」
◎東京歯科大学解剖学教授 阿部伸一先生
「これからの歯科医師が、舌と全身の健康について考えるキッカケになればと思います」
◎東京歯科大学名誉教授(前東京歯科大学生理学教授) 田崎雅和先生
「『舌ストレス』の概念で、歯科が世の中に貢献できることがとても楽しみです」

「現代人はあごが小さくなり、歯のアーチの形や大きさもずいぶん狭く、小さくなっています。
同時に、歯が磨耗しなくなり、生えてきたときのまま鋭利に尖っている歯が非常に増えています。
また、その一方で栄養状態がよくなり、大きすぎる歯「巨大歯」を持つ人も増えています。
これは、歯のアーチの中で暮らしている「舌」にとっては大変なストレスです。
現代人の多くが、多かれ少なかれ、こうした舌ストレスを抱えているのです。
この舌ストレスが、肩や首のこりをはじめとする、
さまざまな不定愁訴につながっていることに気づいている人が、どれだけいるでしょう?
舌ストレスやそれによるさまざまな不調「舌ストレス症候群」は、
もはやすべての現代人にとって、無視できない「現代病」といっても過言ではありません」
(本書「はじめに」より)