講談社文芸文庫<br> 半日の放浪 高井有一自選短篇集

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,320
  • Kinoppy
  • Reader

講談社文芸文庫
半日の放浪 高井有一自選短篇集

  • 著者名:高井有一【著】
  • 価格 ¥1,155(本体¥1,050)
  • 講談社(2019/09発売)
  • ポイント 10pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

疎開先で入水した母の遺骸を凝っと見つめる、少年の目。二世帯住宅にするため、明日は家を取り壊すという日、嬉々とする妻をよそに、街に彷徨い出た初老の男の目。――戦争と母の自死を鮮烈に描いて文学的出発を告げた、芥川賞受賞作「北の河」、人も街も変質する世情への微妙な違和感を描く「半日の放浪」など、透徹した観察眼で昭和という時代を丸ごと凝視し続ける、高井有一の自選7短篇。