マインドインタラクション - AI 学者が考える「ココロ」のエージェント

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,420
  • Kinoppy

マインドインタラクション - AI 学者が考える「ココロ」のエージェント


ファイル: /

内容説明

※本商品は固定レイアウトのコンテンツです。文字列のハイライトや検索、辞書の参照引用などの機能はご利用になれません。あらかじめご了承ください。, 第3次AIブームが起こり、現在はAIの活用に関心が移りつつある。著者らはHAI(ヒューマンエージェントインタラクション)と呼ばれる、擬人化エージェント(ロボットやAI)と人間の相互作用を研究しており、本書ではこのHAI研究を通じてAIにココロを持たせる(持っているように思わせる)デザインとその効果をわかりやすく解説している。
 マインドインタラクションは著者の造語で、人と人工物が持つココロの間でやり取りされる情報、と定義されている。1章でマインドインタラクションを概説し、2章と3章では身近な諸問題―生活環境の不満や課題、対人関係のストレスやトラブル―などを、擬人化エージェントを使って改善・効率化する事例を述べている。
 社会科学、認知心理学、社会心理学、哲学などの幅広い知識を用いて説明しているものの、平易な本文かつ会話調の脚注を組み合わせて、一般的なビジネス書と同列で読める内容となっている。
【目次】
第1章 マインドインタラクション
1-1 どうも上手くいかないな―身近にある諸問題
1-2 マインドインタラクション
1-3 HAIヒューマンエージェントインタラクション
1-4 人工知能AI―機械学習を中心に
1-5 擬人化
1-6 メディアの等式
1-7 エモーショナル・デザイン

第2章 人とモノのマインドインタラクション
2-1 飽きないインタラクション
2-2 モノへの愛着と畏敬
2-3 人はコンピュータに従うのか
2-4 マシンの気持ちがわからない
2-5 空気を読むロボット―コミュニケーション空間の賢い利用
2-6 人にやさしいマシン
2-7 ナッジエージェント―人々を幸福へと導くささやかな仕組み
2-8 AIロボットってガッカリなんですけど
2-9 ITACOエージェント―家電に“憑依”するエージェント
2-10 プラクティカル・マジック―理由が付けば安心

第3章 人と人のマインドインタラクション
3-1 上司や先生と上手くいかないという普遍的な悩み
3-2 いじめや差別の問題とマインドインタラクション
3-3 バランス理論―ロボットが人間関係を壊してしまう
3-4 面と向かって注意されるのはいや―オーバーハードコミュニケーション
3-5 ロボットミーム―ロボットの癖がいつの間にか人に伝染しちゃう?
3-6 人から人に情動が伝染
3-7 エージェントを介した人と人のマインドインタラクション

目次

第1章 マインドインタラクション
1-1 どうも上手くいかないな―身近にある諸問題
1-2 マインドインタラクション
1-3 HAIヒューマンエージェントインタラクション
1-4 人工知能AI―機械学習を中心に
1-5 擬人化
1-6 メディアの等式
1-7 エモーショナル・デザイン

第2章 人とモノのマインドインタラクション
2-1 飽きないインタラクション
2-2 モノへの愛着と畏敬
2-3 人はコンピュータに従うのか
2-4 マシンの気持ちがわからない
2-5 空気を読むロボット―コミュニケーション空間の賢い利用
2-6 人にやさしいマシン
2-7 ナッジエージェント―人々を幸福へと導くささやかな仕組み
2-8 AIロボットってガッカリなんですけど
2-9 ITACOエージェント―家電に“憑依”するエージェント
2-10 プラクティカル・マジック―理由が付けば安心

第3章 人と人のマインドインタラクション
3-1 上司や先生と上手くいかないという普遍的な悩み
3-2 いじめや差別の問題とマインドインタラクション
3-3 バランス理論―ロボットが人間関係を壊してしまう
3-4 面と向かって注意されるのはいや―オーバーハードコミュニケーション
3-5 ロボットミーム―ロボットの癖がいつの間にか人に伝染しちゃう?
3-6 人から人に情動が伝染
3-7 エージェントを介した人と人のマインドインタラクション