小学館文庫<br> カール・エビス教授のあやかし京都見聞録

個数:1
紙書籍版価格 ¥680
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

小学館文庫
カール・エビス教授のあやかし京都見聞録

  • 著者名:柏井壽【著】
  • 価格 ¥680(本体¥630)
  • 小学館(2019/08発売)
  • 秋分の日の三連休!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 ポイント25倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

「鴨川食堂」著者が贈るシリーズ!

 京都にまつわる不思議な体験、してみませんか。
 英国人ミステリー作家のカール・エビスは、京都にある名門・京洛大学に招かれ、教鞭を執っている。次回作執筆の参考にと、講義がない日には助手の九条葵と京都の街を練り歩き、日々創作の種を捜している。
 まだ京都へ来てから日が浅いカールを驚かすのは、京都ならではの不可思議な出来事だ。時間や空間の概念などないかのように、安土桃山時代の逸話〈宗旦狐〉の母狐が化けた女性の姿を見かけたり、〈六道の辻〉の案内人である年齢不詳の老婆と出会ったり。京都人らしい、気遣いができるも小言を言わねば気が済まない性格の葵に振り回されながら、行く先々で、カールは科学で解明できない出来事に遭遇する。