講談社文庫<br> 動かぬ証拠

個数:1
紙書籍版価格 ¥785
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

講談社文庫
動かぬ証拠

  • 著者名:蘇部健一【著】
  • 価格 ¥880(本体¥800)
  • 講談社(2019/07発売)
  • シルバーウィーク後半!Kinoppy電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~9/26)
  • ポイント 240pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784062747622

ファイル: /

内容説明

ラスト1ページの驚愕! 新形式本格ミステリー! ……犯行は完璧のはずだった。だが、そこには犯人が見落とした、たったひとつのミスが残されていた。ラストで絵(イラスト)による《動かぬ証拠》が目の前に浮かび上がる、まったく新しい推理短編集。カラーイラストが鮮やかなボーナス・トラックも収録。《証拠》が見えてしまうので、ページをパラパラめくらないでください。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

やっさん

153
★★★ 11篇の推理小説集。結末がすべて1枚の絵で示されるという斬新な仕組み。実験的で面白いんだけど、オチが見え見えな話、弱い話、無理のある話など、肩透かし気味なものが多かった印象。2018/07/02

ばりぼー

51
再読。犯人の完全犯罪計画(というか杜撰な思いつき)が、一目瞭然の証拠で破綻をきたすという倒叙形式の短編集。その最後のオチをイラストで示すというのが新機軸で、「日本のミステリー界がひっくり返る」と自信満々だったのが、単に無視されただけという自虐的な後書きが笑えます。「ロジャー・テイラーと言えば、当時はデュラン・デュランではなくクイーンの方」といったコアな同世代ネタが話の本筋より楽しく、「逆転無罪」「宿敵」のアホらしさには脱力しまくり…。こういうバカ本も嫌いではないのですが、真面目な方にはオススメしません。2015/01/13

coco夏ko10角

22
11の作品収録の短編集。オチがどれもラスト1行、ではなくラスト1P・絵で。『再会』『逆転無罪』がよかった。2017/07/29

にゃむこ@読メ9年生

16
倒叙形式で進む完全犯罪の計画が、最後に図示される<動かぬ証拠>で崩壊するというミステリ短編集。いずれも「六とん」ほどパンチが効いてないのが惜しい。ミステリというより、オチのイラストで答え合わせするクイズに近いような感覚。一目瞭然のものもあれば、ちょっと本文を振り返って「おぉ、これが伏線だった」と頷くものもあり。楽しめたけど、蘇部作品ならもっとバカミス度を高めて欲しかったなw2014/12/18

きのピ子

14
今回も、バカミス界の巨匠(私が勝手に言ってるだけです)には大いに楽しませて頂きました。ツッコミどころ満載なトリックがまた良い。個人的には「片腕の男」が一番、馬鹿馬鹿しくて好きです。2014/09/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/521815

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。