文春e-book<br> スズメの事ム所 駆け出し探偵と下町の怪人たち

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,998
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

文春e-book
スズメの事ム所 駆け出し探偵と下町の怪人たち

  • 著者名:朱川湊人【著】
  • 価格 ¥1,599(本体¥1,481)
  • 文藝春秋(2019/07発売)
  • 【Kinoppy】ポイント増量!文藝春秋「電書の森2019」(~9/26),秋分の日の三連休!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 ポイント25倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 560pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

夜行の鉄仮面、瞬間移動する引ったくり、謎のチンドン屋――
なりゆきで探偵になったスズムが下町で起きた6つの怪事件に挑む!

不動産販売の営業マンだった黒葛原涼(つづらはら・すずむ)は、会社の倒産後、ひょんなことから東京の下町・町良(まちら)で、探偵事務所を開業する。
ハーバード大卒の美女ネジ子さんを相棒に、下町で起こる6つの怪事件の謎を解く。

第1話「都電の町と鉄仮面」
東京の下町・町良に移り住んだスズムはピカピカ光る鉄仮面が夜な夜な徘徊すると聞き……。

第2話「ネジ子さんが来た」
神出鬼没の連続引ったくり犯“カマイタチ”を捕まえてほしいという依頼を受ける。

第3話「セカイは知らんぷり」
公園で虐待されたノラ猫を助けたスズムが調べを進めると、意外にも犯人は……。

第4話「守り神は失踪中」
“信号揚げ”が名物、タツ子が営むてんぷら屋から大事な守り神が消えた。

第5話「スキマ男のレモン」
町のあちこちで空き缶と一緒に置かれたレモンが見つかった。それは怪しい暗号なのか?

第6話「まぼろし楽隊(ジンタ)」
正式につづはら探偵事務所を立ち上げたスズムは、いきなり謎の“怪人”から挑戦を受ける。