SBビジュアル新書<br> すごろく経営学

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,100
  • Kinoppy
  • Reader

SBビジュアル新書
すごろく経営学


ファイル: /

内容説明

※この電子書籍は固定レイアウト型で配信されております。固定レイアウト型は文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

個人の小さなビジネスが大企業になるまでのロードマップを知ることは
会社経営者や、副業・起業を考えている人だけでなく、すべての働く人にとって重要なことです。

しかし、経営学の本は数多くあれど、どれも難しく、書かれていることも断片的で、つながりで学べない……そんな風に思ったことはないでしょうか。
本書はキーワード解説的な従来の経営学の本とは異なり、実際にビジネスを始めたときにどんな課題があり、それをどんなフレームワークや知識で乗り越えるのかを
ストーリー形式でわかるようにした1冊です。

お菓子作りが趣味の姉妹、チヨコとクルミは、文化祭で出したお店が繁盛したことをきっかけに、手作りお菓子を販売するビジネスを始めます。
元パティシエで経営者のおじいちゃんのアドバイスを受けながら、2人は自分たちのビジネスを大きくしていきます。
3C分析やSWOT分析、マーケティングや法人化、M&A、上場まで、ビジネスのステージが変われば
必要な知識も変わってきます。

さらに重要なポイントでは道中でルートが分岐します。
ひとつの選択で、その後の道が決まってしまう、意思決定の重要さがわかるようになっています。

また、大企業志向の姉と、お客さんの近くで仕事がしたい妹は、後半で別々の道に進みます。
2人の結末を通して、「会社は何のためにあるのか?」「そして、自分にとって仕事とはなんなのか?」を
改めて考えるきっかけにして頂ければと思います。

イラストはInstagramで大人気のイラストレーター、北構まゆさん。
親しみやすいイラストとカラフルな紙面で、男性だけでなく女性でも読みやすい1冊です。