北東アジア市民圏構想

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,512
  • Kinoppy
  • Reader

北東アジア市民圏構想


ファイル: /

内容説明

分断は悪、結合は善──。日本・韓国・北朝鮮・中国・ロシアの歴史と現状を読み解きつつ、米朝首脳会談の行く末、日本の対米姿勢と沖縄への視点、ロシアにおける平和の位置づけ、民主主義をめぐる日韓の温度差などから、公文書改竄問題と長期政権のリスク、「ナショナリズムを超克する価値観」の重要性まで、揺れる北東アジアをめぐる諸問題を、作家・佐藤優氏と国際法学者・金惠京氏が語り合う。隣国有事の際には「朝鮮国連軍地位協定」があるゆえに日本が直接の攻撃対象になるリアルな危険性を指摘し、共栄共存の政策によって攻撃の意思を失わせる平和の枠組み構築と、生命尊重の価値観を共有する市民のネットワーク作りを提起する。

目次

はじめに 金惠京
第1章 北東アジアのデモクラシー革命
第2章 朝鮮半島の過去・現在・未来
第3章 日本政治の課題解決に向けた方策
第4章 北東アジアを結ぶ思想と民主主義
あとがき 佐藤優