14歳からの政治入門

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,404
  • Kinoppy
  • Reader

14歳からの政治入門

  • 著者名:池上彰【著】
  • 価格 ¥1,100(本体¥1,019)
  • マガジンハウス(2019/06発売)
  • ポイント 10pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

なぜ、選挙に行かないと損をするの?
消費税25%でも不満がない国があるって本当?
国民が国の借金を支えているって、どういうこと?

国会議員の選挙が日々話題になる昨今、
ジャーナリストの池上彰さんが、
「なぜ、世の中に“政治”が必要なのか」
「そもそも“政治”とは何なのか」を解き明かします。

本書のもとになったのは、東京・三鷹市の中学校で
2日間にわたって行われた特別授業。
「大統領と首相って何が違うの?」
「共産主義ってなんですか?」
「少数派の意見を聞かないのは不公平じゃないですか?」
池上先生を待ち構えていた生徒たちから、
鋭い質問が次々飛び出し、授業は白熱。
どんな質問にも、わかりやすく答えてくれる
池上先生の「政治入門」講義は、
14歳の視野をどんどん広げ、
世の中の仕組みをリアルに伝えてくれるものでした。

●選挙に行かないと、損をする。
●消費税25%でも不満のない国がある。
●国の借金を国民が支えている。

街の道路工事の話から、
イギリス、アメリカ、北朝鮮の話まで、
今を生きる日本人に必要な基礎知識が
ぎゅっとつまった特別授業のあと、多くの生徒たちが
「18歳になったら必ず選挙に行きます」と決意。
今まで関係ないと思っていた「政治」が急に身近な問題になり、
自分たちの未来につながる暮らしの一部だということが
実感できたようです。

本書では、この特別授業を補完し、再編集。
愉快な4コマとともに「政治」の世界へご案内します。
この本を読む前と読み終わった後では、
世の中の見え方が違ってくるはずです。

(イラストレーション=白根ゆたんぽ)