夢をあきらめたあの頃の自分に何か言ってやれるとしたら

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,296
  • Kinoppy
  • Reader

夢をあきらめたあの頃の自分に何か言ってやれるとしたら


ファイル: /

内容説明

リアルに共感できる、交差する3人の青春物語。高3男子の小野田由衛は進路希望調査票を前に悩んでいた。そろそろ進路を決めなくてはならない。でも、昔からひそかに抱いている「脚本家になりたい」という夢を誰にも話せていない。周りに話したら馬鹿にされるかもしれない。そんな恐怖が本音を心の奥に押しやっていた――。(「Episode1 小野田由衛編」)3人の夢が交差した先には、どんな未来が待っているのか!? 正面から夢を追いかける勇気なんてない。カッコ悪くたっていい、本当の青春小説