新恐竜

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,640
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

新恐竜

  • 著者名:ドゥーガル・ディクソン/土屋晶子
  • 価格 ¥2,376(本体¥2,160)
  • ダイヤモンド社(2019/06発売)
  • シルバーウィーク後半!Kinoppy電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~9/26)
  • ポイント 630pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784478860502

ファイル: /

内容説明

白亜紀末、大異変が起こらなかったなら恐竜たちは驚異の進化を遂げ、地球を支配し続けてい。最新の科学から恐竜たちの進化を解く。6500万年前、恐竜が絶滅しなかったなら…驚異の進化を遂げ、未だ地球上を支配し続ける。『フューチャー・イズ・ワイルド』の著者が贈る進化を遂げた恐竜図鑑。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

イノ

22
6500万年前の恐竜絶滅がなかったらと仮定し、進化し続けた恐竜たちの世界を描いた作品。恐竜無き世界を進化した哺乳類はネズミのような姿のままで、その穴を恐竜たちの進化を想定ている。進化した新恐竜を綺麗なスケッチで描き楽しく想像を膨らまさせる事が出来き楽しい。2017/08/25

5〇5

5
6500万年前の大量絶滅がなかったら。恐竜がそのまま進化し続けていたら ♦これは、未来ではなく現在の地球が描かれている ♣そこは見慣れた大陸の配置がある。そして生物は環境に適応して進化している ♥白亜紀のままの恐竜の姿も、現在の哺乳類の姿と似通った収斂進化も科学的で説得力がある ♠哺乳類の台頭のない新奇なifの世界が楽しめた。2021/03/21

Tatsuya

5
もし6500万年前に、恐竜等の爬虫類達が絶滅していなかったら、という仮定の上に考察された、現代の博物誌。同作者の『アフターマン』と非常に似た感じの体裁で、非常に楽しいです。ただ『アフターマン』ほど読んでてワクワクや驚きがなかった。多分、現代に生きる自分から見て、6500万年前に絶滅した恐竜達自体が『アフターマン』の未来生物と同様、不思議と驚きに溢れる生物だから。そんな恐竜達と『新恐竜』を比較してもギャップに驚きがないんだろうな。現代の哺乳類の生態をそのまま爬虫類に置き換えただけの生物とかも結構あったし。2009/06/29

スコット@EC

4
まぁあくまで想像の世界の話ですから笑っちゃいけないんでしょうけど、これが「妖怪大図鑑」というタイトルでも違和感無いです(笑)。みんなで「新恐竜」を考えるのも楽しいかも。2013/04/24

suzuki-takefumi

4
現代の動物の特質を恐竜に付与しただけ、というのが目立つ。まあ現代と同じ地形、気候であれば同じような形状に進化が収斂していくのは当然なのかも知れないけど、わくわく感としては「アフターマン」に見劣りする。2010/12/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/183813

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。