マンガ・オブ・ザ・デッド

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,560
  • Kinoppy
  • Reader

マンガ・オブ・ザ・デッド

  • ISBN:9784812492642

ファイル: /

内容説明

死者が蘇り、生者を喰らう!!
お前はもう死んでいる!!

ZOMBIE NEVER DIE!!!!
UNDEAD世紀の到来を告げる究極のゾンビ・コミック・アンソロジー
日本漫画誌上、最高峰のゾンビ・クリエイターが大・集・結!!

田島昭宇/寺田克也/ヒロモト森一/うぐいす祥子/鬼ノ仁/島田虎之介/古泉智浩/腑貌篤史
※「死霊の杜」は本電子書籍には収録されておりません。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

sin

10
寺田克也の作品が読みたくて!それにしても殺伐としてるな(当たり前かゾンビなんだから)。この中では、うぐいす祥子さんの『死体と暮らすな子供たち』が秀逸。解説の『21世紀を駆け抜けていくゾンビたち』が、ゾンビ映画の歴史を簡潔に紹介されていて良。作品の質の割合はワンストライク、スリーボールでした。2013/11/16

yoruyuki

4
寺田克也に描かせたのは評価したいが、田島広江沙村が漫画で参加していない時点で二の線だろう。外薗昌也までは結構楽しく読んでいたが、以降の失速ぶりが結構すごい。駄目なアンソロジー特有のフィルターかかってない感というか編集に意識を感じないというか、豪華なメンツが烏合の衆と化していて、なんつーかすごくもったいねーと思った。2012/12/23

訃報

3
おもしろくなかったけど、寺田克也と島田虎之介は異彩を放っていた。特に後者、気になる。おもしろい、おもしろくない、の判断を越えたところにあるというか、最初から最後まで「なんだこれ…?」で、あまり類のないものだ、ということだけわかった。うぐいす祥子はなんか笑った。松本次郎はもっと笑った。でもやっぱり全体的につまらなかった。2014/03/29

kineko

2
面子がなかなかに豪華だったので読んでみたが、読み辛かったり単純に話が面白くなかったりで全く楽しめなかった。かさねて、電書版だったが目次には表記のあるイラスト作品とコラムは収録されていない…という不完全版だったこともガッカリ。確かにストアのページでは参加者として載ってはいなかったが。久々に心から買って失敗したと思えた作品。2016/03/11

ikki

2
好みの漫画家さんを集められて、ゾンビ話となれば、面白いよなあ。続きを匂わしつつも、読みきりにきちんとなってるのはよいですね。2013/01/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5692664

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。