サブスクリプション2.0 衣食住すべてを飲み込む最新ビジネスモデル

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,760
  • Kinoppy
  • Reader

サブスクリプション2.0 衣食住すべてを飲み込む最新ビジネスモデル

  • 著者名:日経クロストレンド【編】
  • 価格 ¥1,760(本体¥1,600)
  • 日経BP(2019/06発売)
  • ポイント 16pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784822289737

ファイル: /

内容説明

■大手メーカー続々参入、進化系「サブスク2.0」時代へ

定額で使い放題――通話料などで設定されていた「サブスクリプション」型のサービスが今、モノの販売手法として急速に拡大している。
トヨタ、キリン、パナソニックなど業界大手がこぞって参入、旧来の頒布会モデルなどを「サブスク1.0」とするなら、「メーカー参入」「シェア型」「個別カスタマイズ化」という特徴を持つ新サービスは「サブスク2.0」へと進化を遂げている。

■24社の試行錯誤と特別講座で、最新事情がすべてわかる!

サブスク2.0の最前線を「衣」「食」「住」「動」「楽」の5分野で徹底取材。撤退企業を含む24社の試行錯誤から、サブスクビジネスの勘所を学ぶ。さらに、第一人者による特別講座を収録、事業成功の法則を詳解する。

目次

序章
Chapter01 衣
Chapter02 食
Chapter03 住
Chapter04 動
Chapter05 楽
Chapter06 撤退の研究
Chapter07 特別講座

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

KAZOO

102
ここには最新の動向と実例と撤退と成功のための要点がうまくまとめられていてわかりやすく読ませてもらいました。このビジネスモデルは手段であって最終目的ではないのだと思っています。一番の成功のモデルはアマゾンプライムなのでしょう。実例では衣、食、住、動、楽に分けているのですが、撤退のところにもありますがそれがずっと続く保証はあまりないと思われます。成功のための5つの要点はありますがそれをすべてきちんと認識している企業がどれだけあるか気になります。2020/06/10

ミライ

37
さまざまな業界で、次世代マネタイズのスタンダードになりつつあるビジネスモデルである「サブスクリプション」について、「衣」「食」「住」「動」「楽」の5分野・24社の失敗成功事例をまとめた日経の書籍。こういうモデルは成功事例よりも失敗事例の方が参考になるので、気持ち失敗事例多めなのはうれしい。スーツのAOKIがスーツレンタルモデルで早々に撤退していたり、洋服借り放題の「メチャカリ」は3年赤字だったりと厳しいビジネスモデルだが、当たると大きい(ネットフリックスなど)ということはわかった。2019/07/05

hk

23
昨今耳目を騒がせているサブスクとは古くて新しいビジネスモデルだ。一般的に、定額課金で利用権使い放題サービスを提供する手法をサブスクという。例えば新聞は定額課金で読み放題というサービスを提供している。例えば不動産賃貸は定額課金で住み放題というサービスを提供している。これら従来型サブスクに次にあげる3つの要素のどれかが加算されたものがサブスク2.0だ。①メーカーによる参入②モノやコトのシェアという概念がある③個人最適化により各々に適したサービスを提供 本書は具体例を潤沢にあげてサブスク2.0を解説している。2019/09/25

shikada

17
新規参入が相次ぐ、サブスクリプションサービス。サブスク自体は、駐車場が月極で止め放題、携帯の通話が定額でかけ放題など、昔からあるサービスだった。WEB技術の発達、「所有から使用へ」の価値観の変化により、サブスクのビジネス領域は拡大している。本書では、そうしたサブスクの成功事例を24社紹介する。洋服、バッグ、メガネ、時計、家具、車の借り放題サービス、コーヒーやビールの飲み放題サービス、家の借り放題のサービスまであって、サービスの多様さに驚く。いずれのサービスも、利便性とコスパ、新しい消費体験を提供している。2020/07/18

イノ

11
動画配信以外の定額サービスに惹かれ何かないか探してみるために購入。衣食住楽と様々なサービスと仕組みが書かれていてさらに如何にサービスを広げていくかなど戦略的な内容や逆に失敗談も載ってあり、えらいビジネスよりな事が書かれていると思ったらビジネス書だった。   後半はサブスクリプションを始めるための具体的な考え方が記載されていたが興味ないので斜め読み。 勘のいい人ならば上手い事考えられそうではある。   勢いでアマゾンポチってはいけない。2019/12/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13992224

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。