読みたいことを、書けばいい。

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,650
  • Kinoppy
  • Reader

読みたいことを、書けばいい。

  • 著者名:田中泰延
  • 価格 ¥1,485(本体¥1,350)
  • ダイヤモンド社(2019/06発売)
  • ポイント 13pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784478107225

ファイル: /

内容説明

書くことは、たった1人のベンチャー起業だ。電通コピーライター24年から無職へ。「自分が読みたいことだけ書く」という方針で書きまくり、依頼殺到、読者熱狂。孤高のwebライター鮮烈の処女作。自分が本当に読みたいことを書ききって、結果として誰かとつながる。やわらかくて新しい、希望の文章講義、開講です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

徒花

190
おもしろかった。元電通のコピーライター、CMプランナーとして活躍し、現在はコラム執筆などをしている著者による「文章の書き方」の本。とはいっても具体的なハウツーを教えることを目的としているわけではなくて、「そもそも文章を書くとはなにか」ということを自分自身に問いかけながら、なかばエッセーのような形でまとめた一冊となっている。思うのは、やっぱり文章を書く人は言葉にこだわるし、当たり前に使う言葉を疑ったり、調べる姿勢を崩さないということ。見た目よりも意外と役に立つ。2019/09/23

かずぼん

127
新しい本の形という印象が強い。本編は、紙面を贅沢に使って字が大きく、読みやすい。間にコラムのように挿入されている~の書き方、や著者の記事10選や書くために読むといい本、などハウツーに近い内容のページがある。その部分は紙がグレーで字が小さめ。行間も詰めてある。そして、そこにバーコードが印刷されており、そこに遷都することでさらに世界が広がるという仕組みである。物書きを目指している訳ではないが、文章を必要に応じて書くこともあるので、個々に書かれていることは参考になる。物書きは「調べる」が.9956が最も印象的。2019/10/09

Tenouji

119
この書を読んで、大事な事を伝えるには、技術を教えて大事な事は自分で気づいてもらうか、言葉にできない大事な事を言葉を尽くして伝えるか、どちらかしかない、と気づいた。この本は、もちろん後者ですw。あと、今の時代は「自分の正しさが突然怪しくなった時代」なんだと、理解しました。2019/07/06

Carlyuke

107
Kindleのサンプルを読んだままの本だった。書店で売れている本になっていて平積みも残り2冊だったので衝動的に購入・読了。一見軽い感じの本だが刺激的・学ぶべき部分が多かった。一次資料を調べること, 古典や長編を読むこと。自分で読みたいものを書くっていうのはいいアイデアだ。自分は読んでばかりでちゃんと文章を書いたりすることはあまりないのだが, 人生にも限りがあるので, 何か書いてみようという気持ちになれた。字が大きいため割と早く読めるが, ネットで紹介している部分を読もうとするともっと時間が必要だ。2019/09/02

Kazuo Tojo

101
購入したくなる題名。本屋の正面に並べてあるとつい。中身は、まず、読みやすい、文字の大きさ。それとシンプルな表現なので久しぶりにイッキ読み。「自分のために書くこと」2019/07/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13930413

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。