光文社新書<br> 「糖質過剰」症候群~あらゆる病に共通する原因~

個数:1
紙書籍版価格 ¥990
  • Kinoppy
  • Reader

光文社新書
「糖質過剰」症候群~あらゆる病に共通する原因~

  • 著者名:清水泰行
  • 価格 ¥990(本体¥900)
  • 光文社(2019/05発売)
  • ポイント 9pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784334044145

ファイル: /

内容説明

肥満や糖尿病は糖質が原因と認知されつつあるが、他の多くの疾患も一つの原因に繋がる――糖質過剰摂取だ。7000以上の論文を参照しつつ様々な疾患(心筋梗塞、脳卒中、がん、脂質異常症、アルツハイマー病、うつ病、骨粗しょう症、片頭痛、非アルコール性脂肪肝、緑内障、加齢黄斑変性、変形性関節症、五十肩、不妊症、子宮内膜症、乾癬、ニキビ、脱毛症、逆流性食道炎、難聴、パーキンソン病、前立腺肥大等)と糖質の関係を説く。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

香菜子(かなこ・Kanako)

35
「糖質過剰」症候群 あらゆる病に共通する原因。清水泰行先生の著書。糖質過剰摂取が糖尿病や肥満につながるのは今や常識だけれど、糖尿病や肥満以外にもありとあらゆる病気の原因になるのが糖質過剰摂取の恐ろしさ。糖質過剰摂取がもたらす害悪をより多くの人が知れば、健康的な生活を送れる人が増えるはず。健康はお金では買えないから。2019/08/13

yutaro13

22
最近、糖質を摂り過ぎているので気を引き締めるために。本書ではさまざまな病気と糖質過剰摂取とがいかに関連しているかが引用元と共に示される。著者が強調しているように、糖質の危険性は100%の確度で示せるものではないし、またエビデンスに基づいた記述をしているとはいえ、そもそも引用元の論文もすべてが信頼できるものであるとは言えない。そうした事実を踏まえた上で、各自が糖質を評価するほかないのだろう。著者ブログには以前読んだ津川友介『世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事』に対する批判などもあり勉強になった。2019/09/12

12
ほとんどの病気に起因しているのが糖質の過剰摂取である、というのはあながち間違いでも無いと思う。もちろん、遠因のものもあるとは思うが、いずれにせよ関係していることは間違いないだろう。そもそも私達のプログラムははるか1万年以上も前から一切変わっていない。なのに、それに則さない糖質という外部の異常物質が大量に取り込まれて、体に異変を来さないわけがないのだ。これもn=1の談でしか無いが、私も数々の持病(軽重問わず)が糖質制限でほぼ全て無くなった。薬の服用も一切していないのだから、つまりそういうことなんだろう。2019/08/06

すずひら

8
賛否が入り混じる糖質制限市場のうち、賛成側の本。色々と調べた結果、僕の中ではもう3年前には「糖質は1日100グラム程度にしといたほうが良さそう」という結論になっていて、何度も実践を試みてるものの1ヶ月も続かず、気付いたらどんぶりやラーメンやスイーツを頻繁に食べる生活に逆戻りすることを繰り返してきた。しかし今回は本気だ。怖いから気付かないふりをしていたけど、はっきり言って慢性的に体調が悪い。そのためにもこの本で糖質を過剰摂取することの悪影響を総復習した。2019/09/20

ATS

6
糖質がいかに人体に悪影響があるのかを科学的根拠をもとに解説。たしかに糖は反応性の高い化合物であるため過剰摂取になると毒になりやすい。しかしながら糖質制限食は国際的にも強くは推奨されていない食事療法で減量目的ならリバウンドするし、過度な糖質制限は糖代謝を不可逆的に損なうリスクがある。つまり糖質摂取したら血糖値爆上がりということが起こりうる(使わない細胞は廃用化する)。また糖質の代替として赤身肉などの量を増やすとそれはそれで悪影響があるだろう。さまざまなリスクがあること念頭に置いておいたほうが無難だろう。2021/02/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13807365

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。