三月の空を見上げて:戦災孤児から児童文学作家へ

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,540
  • Kinoppy
  • Reader

三月の空を見上げて:戦災孤児から児童文学作家へ

  • 著者名:漆原智良【著】
  • 価格 ¥990(本体¥900)
  • 第三文明社(2019/05発売)
  • ポイント 9pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

1945.3.10(東京大空襲)と、2011.3.11(東日本大震災)を超えて──。 数多くの著書をもつ児童文化功労賞を受賞した著者が、平和を願い、人との出会いを宝として歩んだ85年の人生をつづった初めての自伝。戦災孤児から苦闘の青春時代を経て、孤島での教員生活から児童文学作家の道へ進み、大学講師・著述家として震災被災者に寄り添うまでの半生、そして未来へ。

目次

まえがき
第1章 幼い日の記憶──オクニノタメニ
第2章 苦闘の青春時代──戦後の混乱のなかで
第3章 八丈小島での哀歓──青年教師として
第4章 心を育む活字文化──書く力、読む力
第5章 よみがえる無人島──四半世紀の歳月を超えて
第6章 語り継ぐ真実──寄り添い、寄り添われ
第7章 震災を超えて──3.10から3.11まで
あとがき