【追悼】【無料小冊子】小池一夫のキャラクター創造論

個数:1
  • Kinoppy

【追悼】【無料小冊子】小池一夫のキャラクター創造論


ファイル: /

内容説明

追悼 小池一夫先生

小池一夫先生の訃報に接し悄然としております。
当社でも『子連れ狼』をはじめとする多くのタイトルを出稿いただき配信してまいりました。
多くの漫画家や映画作品などアーティストに多大な影響を与え続けた小池一夫先生。
その作品は時に爽快で、時に深く濃厚。時代を超えて引き込まれる魅力に溢れていました。

どうか安らかに。ありがとうございました。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。


【こちらは無料小冊子版となります】

漫画界のレジェンドである小池一夫氏。
そのキャリアは50年におよぶ。
個性的なキャラクターと絶妙なストーリーテリングで読者に息もつかせずに一気に読ませる!
その屈指の原作者が、自らのキャリアの集大成としてキャラクター創造の秘訣と読者を引き付けるストーリーの作り方を公開する!!

【著者プロフィール】
小池 一夫(こいけ・かずお)
1936年、秋田県生まれ。漫画原作者、小説家、脚本家、作詞家、作家。2000年より大阪藝術大学映像学科教授を務め、「キャラクター造形学」を教える。
漫画原作作品に『子連れ狼』、『御用牙』、『修羅雪姫』、『クライング フリーマン』、小説に『乾いて候』、などがある。『無用の介』、『ゴルゴ13』の原作にも携わる。後進育成のため「劇画村塾」を開設。同塾門下生に高橋留美子、原哲夫らがいる。
著書には『人を惹きつける技術』(講談社+α新書)などがある。