講談社現代新書<br> 外資の流儀 生き残る会社の秘密

個数:1
紙書籍版価格 ¥968
  • Kinoppy
  • Reader

講談社現代新書
外資の流儀 生き残る会社の秘密

  • 著者名:中澤一雄【著】
  • 価格 ¥880(本体¥800)
  • 講談社(2019/05発売)
  • ポイント 8pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784065153673

ファイル: /

内容説明

「近い将来、必ず日本企業は外資型の組織に変わっていきます。変わらないと生き残れないからです」マクドナルド ディズニー外資歴45年 最強外資企業の元トップが語る日本企業が強くなる「8つの方程式」外資は本当に悪役か?年功序列や終身雇用は正義なのか?外資を「効率」「生産性」の観点から眺めてみたら……?好むと好まざるとにかかわらず、あと数年のうちに「外資型」に変われない日本の企業は生き残れないと思います。なぜなら生産性や効率の点で、日本型経営の企業は、外資系企業にかなわないからです――終身雇用や年功序列を廃し、完全能力制に基づく「外資の勝利の方程式」を、外資系企業歴45年のプロ経営者が完全伝授。これが「強い」企業を生み出す「勝利の方程式」だ!「タイトル(職位)別の職務記述書」「個人目標や成果重視の人事評価」「退職勧奨」「後継者育成計画」「リストラ」「5年戦略計画」と「年間遂行計画」

目次

はじめに 「外資の掟」を知らない日本企業は生き残れない
第1章 効率の国アメリカ
第2章 外資に飛び込む
第3章 アメリカは日本の30年先を進んでいた
第4章 外資の高い効率と生産性
第5章 日本の生産性を落としているものの正体
第6章 外資系企業の核心「8つの掟」
第7章 今後日本に押し寄せる効率化の波
第8章 戦略的転職のすすめ
おわりに たとえ痛みを伴っても

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

37
マクドナルド・ディスニー・ケンタッキーと外資系で45年働いた著者が経験を元に語る日本企業が強くなる「8つの方程式」。外資系企業やアメリカの合理的な判断を紹介しつつ、外資の勝利の方程式、効率的な判断と生産性、日本の生産性が低い原因、今後日本に起こる変化、効果的な転職の方法を語った一冊で、なるほどなと思う部分もところどころありましたが、異なる文化圏の発想をそのまま導入すればいいというほど単純なものでもないですね、やっぱり。でもこういう違う視点や考え方があることを知るのは、大切なことなのかなとは実感しました。 2019/06/27

ito

31
本書によれば、日本企業は外資型に変わらなければ生産性が低いままで、生き残ることはできない。特に人材戦略における、新卒採用、年功序列、終身雇用の仕組みが悪しき習慣となり生産性を落とす要因だと著者は指摘する。この制度を変えない限り、日本企業に未来はない。著者が提唱する8つの方程式を取り入れ、完全能力主義を実現することが求められている。上記の件は、日本企業も取り入れる動きはあるが、能力評価重視による構造改革が進んでいないと感じる。日本の組織風土になじむ能力主義の形を日本企業は模索しているのではないだろうか。2019/08/05

hk

28
この著者の言説には大きな偏向がある。それは「外国資本=アメリカ企業」というステレオタイプだ。著者がマクド、ディズニー、ケンタッキーと米系資本だけを渡り歩いた経験をもとに本書は綴られている。そして米系資本を外国資本と超拡大解釈した上で筆は迷走するよ最後まで。「みちのくプロレス」しか知らないレスラーが、それをあたかも世界標準であるかのように語る滑稽さだ。俗に云う部分と全体の混同である。 部分と全体の混同による事実誤認の具体例を1つあげておこう。 「売上げ〇〇億円を超えれば外資では部長になれる」という記載があ 2019/10/06

mitsu44

16
「必ず日本企業は外資型の組織に変わっていきます。変わらないと生き残れないからです」という強めのメッセージで始まる本書。マクドナルドやディズニーで外資組織で働き続けた著者の語る働き方です。アメリカの生産性の高さや生産性を追求するが故の人事制度、コーポレートガバナンス等々が書かれています。また、生産性を高めていく上でどういうことを心がけていくかも。 自分の会社はスピードや生産性、成果主義を掲げているものの、転職して役員など上に座っている人は他の大手から来た人が多く、日本企業だなぁと日々感じます。2019/06/01

tolucky1962

9
元気ない日本企業を米国経営と比較。米は①職位別職務内容・領域確定②個人目標設定③成果重視の評価④業務改善と退職勧奨⑤後継者育成⑥リストラ⑦5年計画⑧年間計画。退職勧奨は適正判断。形上で取り入れる日本も経営者に評価能力なし。問題は新卒採用・年功序列・終身雇用。米はインターンで育成経費削減。日は育成余力がない。他、ヒエラルキー多層すぎ。異動多くゼネラリスト重視。少ない社外取締役。失敗も謝罪で済ます。安給料で長労働。業界が仲良くM&A不十分。 どちらが良いとかでなく日本の取り残される原因を経営側に探るのが大事。2019/05/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13744487

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。