集英社文庫<br> 裸の華

個数:1
紙書籍版価格 ¥770
  • Kinoppy
  • Reader

集英社文庫
裸の華

  • 著者名:桜木紫乃【著】
  • 価格 ¥715(本体¥650)
  • 集英社(2019/05発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784087458497

ファイル: /

内容説明

舞台上の骨折で引退を決意したストリッパーのノリカ。心機一転、故郷札幌で店を開くことに。訳ありの凄腕バーテンダーやタイプの違う二人の女性ダンサーと店は軌道に乗り始める。しかし、私も舞台に立ちたい、輝きたいという気持ちは募るばかりで──。ノリカの表現者としての矜持と葛藤。そして、胸が詰まるような踊り子たちの鮮烈な生き様を描く、直木賞受賞作『ホテルローヤル』に連なる一冊。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

さてさて

175
『みなそれぞれの事情を抱えてすすきのですれ違ってゆく。ここは交差点の街だ』という北国の街を舞台に、元ストリッパー・ノリカの挑戦が描かれたこの作品。そんな場に揃った瑞穂、みのり、そして竜崎。そんな彼らが『NORIKA』という『交差点』で出会い、それぞれの『夢』を追い求めて旅立っていくこの物語は、そこに人の再生を見る物語でもあったように思います。『銀座の宝石』と呼ばれた竜崎の作るカクテルの描写と、瑞穂とみのりのダンスの描写、そして元ストリッパー・ノリカの圧巻の演技の描写にすっかり魅了される傑作だと思いました。2021/09/22

naoっぴ

87
ストリッパーのノリカは、怪我を機に引退しダンスシアターの店をオープンする。店のダンサーやバーテンダーにはそれぞれの過去があり、自分を変えたい、超えたいと前向きに頑張る姿がとても清々しい。著者独特の湿度や泥臭さは感じさせつつも、本作は光に満ちた始まりの物語だ。「あなたにとって好きと楽しいは同じじゃないのね」とダンサーのみのりに問うノリカの言葉が心に残る。芸は技術だけでは寂しい。人を魅了し自分も楽しむことで光る。 物語に抑揚を抑えた情熱が散りばめられ堆積していく。足を踏みしめ、ためて、自分の一歩を踏み出す。2019/06/06

アッシュ姉

80
膝の故障によりストリッパーを引退し、原点の街すすき野で再起を図る主人公。桜木さんの奏でる心地よいリズムに酔いしれていたところに唐突に出てきた「フジワラノリカ」という名前。とても魅力的な主人公なのですが、どうしても実在タレントがちらついてしまい、作品の世界に没頭できませんでした。著者読了16冊目。『氷の轍』の文庫化を待ちます。2019/05/20

dr2006

76
桜木さんの作品を読むといつも、北海道への郷愁と凛とした女性の生き方に感銘を受ける。北海道は歴史が浅く他県から移住した人が多いせいか、定住や余所者に拘わらない。すすきのは様々な人を受入れ、そして通り過ぎていく交差点の様な街だ。そこで華々しく輝く彼らの一瞬を鋭く切り取る桜木さんの物語は素晴らしい。元ストリッパーのノリカは故郷の街でダンスシアターをオープンした。二人のダンサーとバーテンダーを雇う。桜木さんにしては順調な展開に実は、いつ落ちてしまうのかハラハラしてた。だからこそ希望に満ちたエンディングが感慨深い。2021/09/03

Yunemo

66
やっぱり終着はここなんだ、という想いが残ったままに読了です。桜木作品のなせる業なんでしょうね。やっぱり、登場人物たちの設定がなんとも言えなくて。それぞれにいい味というか強い個性を出しながらの交わり、寂しさもあり喜びもあり。作中で語られる、「生活のための知識を身に付けることのなかった20年、自分のいったいどんな部分を長けさせたのか」、なんだか虚しさだけが残って。自身に問いかけられると答えられません。10ヶ月の幻、あるいは凝縮された次へのステップと捉えるか、これがノリカが選んだ終着点であり、改めての始まりへ。2019/05/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13640050

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。