スターツ出版文庫<br> 京都祇園 神さま双子のおばんざい処

個数:1
紙書籍版価格 ¥649
  • Kinoppy
  • Reader

スターツ出版文庫
京都祇園 神さま双子のおばんざい処

  • 著者名:遠藤遼
  • 価格 ¥550(本体¥500)
  • スターツ出版(2019/04発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784813706366

ファイル: /

内容説明

京料理人を志す鹿池咲衣は、東京の実家の定食屋を飛び出して、京都で料理店の採用試験を受けるも、あえなく撃沈。しかも大事なお財布まで落とすなんて…まさに人生どん底とはこのこと。だがそんな中、救いの手を差し伸べたのは、なんと、祇園でおばんざい処を切り盛りする、美しき双子の神さまだったからさあ大変!? ここからが咲衣の人生修行が開幕し――。やることなすことすべてが戸惑いの連続。だけど、神さまたちとの日々を健気に生きる咲衣が掴んだものとはいったい!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

野のこ

55
いい意味で騙された。4章目で「コーヒーが冷めないうちに」の逆バージョンのような内容に泣かされました。嘘をつく親友に内心?と思いながら読んでたけどこんなオチがあったのか。陽菜ちゃんのお話はハラハラしたけどほっとしました。咲衣と拓哉(意味深な発言を残した弥彦も含めて)の今後も気になるので続編希望です。ちょっとだけ繋がった『京都伏見の平安旅館』も読んでみたい。欲を言えば夢桜さんのスピンオフも読んでみたい。2020/02/14

hirune

38
【Kindle】軽い感じの表紙と題名の割に内容は1話1話がずいぶん重たい内容で、最終話で全体のまとめとも言えるエピソードではうっかり涙目になっちゃいました💦さすが素戔嗚の息子たちだけあってそんなに明るいわけないかぁ😅触らぬ神に祟りなしかもしれないけど、触れば一筋縄ではいかないけど 意外に面倒見のいい神様たちでした☆2020/04/27

あずとも

6
京都の料理店での就職に失敗した上に財布をなくした主人公がおばんざい屋をやっている双子の神さまに救われて料理修行をしながら色々な人との出会いと別れを通じて人間的にも成長していく話。おばんざいが美味しそうで食べたくなる2019/03/03

カタバミ

3
「神様がいるから」といろいろなことが起こって、みんな前に進んでいきましたが、早苗の体験が何故そうなったのかわからないままだったので知りたかったです。旅館とつながりがあるように書かれていたのでそこにも驚きました。2019/09/04

sion

2
京料理の夢破れて双子の神様と出会った咲衣。 母子の話が2話入ってました。 洋服も年に1枚ご飯もろくに食べず汗水たらして働く母。先がわかっててその道をたどる親友。 母の思いはとても大きい。2021/06/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13407615

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。